再来店対策

LINEのメッセージ配信に悩んだ時には?

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

今日は京都から帰りの夜行バスの
中より、このメルマガを書いています!

夜行バスなので、パソコンは広げられ
ないですが、スマホがあればメルマガも
書けるので、便利な世の中です笑笑

昨日も京都のクライアントさんは、
コロナに負けずに前年比を上回る
売り上げを出していて、頑張っている
な~!と驚くばかりです。

名古屋のクライアントさんも、新しい
取り組みを始めており、10月11月と
立て続けに始まるので楽しみです!

私も負けずに師匠と一緒に、また
新たな事業を立ち上げが正式に決まった
ので、受付出来る形になったら、
皆さんにも紹介しますので楽しみに
していてくださいね!

それでは張り切って、今日のメルマガを
お届けしてまいります!

==================
1つの店舗の売上を最大化する方法が
学べるのは9月だけ!
http://migiudehanjoyu.com/progress/taishoujuku
==================
さて、昨日はクライアントさんと色々
な話しをしていく中で、ある共通の
悩みがありました。

それは「LINEで送る内容」が出て来ない
というものです。

今新たな取り組みで、LINEの友達数は
非常に増えてきて、いい傾向なんです
けど、その先のメッセージの内容で
行き詰まってしまう、、、ということ
でした。

しかし私と話しをしていると、ネタが
どんどん出て来るんですよね。

「あ~そういうのを書けばいいんですね!」
と自分のことなのに、なかなか気付け
ない人が多いです。

ではなぜ、私と話していると、ネタが
どんどん出てくるのか?

これは別に私でなくてもいいのですが、
「インタビュー」をしてあげると
話しのネタが出てきます。

つまり、質問をしていくわけです。

例えば
「なぜこの店を始めたのか?」
「なぜこの料理がオススメなのか?」
「なぜ料理の世界に入ったのか?」
「なぜこの場所で店を始めたのか?」
という具合に、色々な質問をして
いくと、その人なりのエピソードが
出て来るわけです。

それを小出しにして、LINEの
メッセージで送れば、「こんな人が
お店を経営しているんだ~」
と親近感を感じてくれます。

自分で自分の話しをするのは、誰でも
苦手です。

ただ聞いて貰えば、色々な話しが必ず
と言っていいほど出てきます。

もしそんなインタビュアーが自分には
いなかったら、知らない店の店主を
思い浮かべてください。

そしてその人に聞きたいことを、
書き出していきます。

その書き出したことを、自分にあて
はめて答えていけば大丈夫です。

是非インタビューを受けて、話しの
ネタを作り出して見てください!

あなたなら必ず頑張れます!
私も応援しています!

「集客大将塾」 布施裕之

LINE集客のイロハも学べる
集客大将塾への参加はこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/taishoujuku
今なら初月ワンコインで参加出来ます!
コロナ応援価格はもうじき締め切りです。