なぜ儲からないか?

なぜハンコをなくそうとしているのか?

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

昨日はウーバー専門店にした飯田橋の
お店に一日いました。

雨が降っているとウーバーって沢山注文
が入ってくると思いませんか?

実際にウーバーは雨の日には実際に利用
をしようとする人は多いそうです。

ただここで1つの問題が出ます。

それは「配達員不足」です・・・。

雨の日になるとニーズは多いけど
配達する人は減り、結果お届けする
ことが不可能になります。

そうするとウーバーの画面上に、
「この地域は只今配達員がいないため、
配達することが出来ません」
というアナウンスが流れます。

本当にこればかりは仕方ないですが
需要と供給のバランスが取れてない
というのはこのことだな~と感じつつ
今日のメルマガをお届けします!

==================
1つの店舗の売上を最大化する方法が
学べるのは9月だけ!↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/taishoujuku
==================

さて河野大臣が新たな政策の1つに
「ハンコをなくす」というものが
大きく取り上げられています。

なぜハンコをなくすのかと言えば
「無駄だから」ですよね。

昔から習慣として残っているけど、
ハンコって何のために押すのか?
と言えば確認のために押すんですよね。

しかしその確認のためのハンコは今や
100均に行けば買えてしまう、誰でも
代りの効くものです。

これって意味ないですよね?

むしろサインの方が筆跡鑑定が出来る
ので、誰が書いたかは必要とあれば
確認できます。

こうして長年にわたり「当たり前」と
されていたことを止めるのはある意味
凄いことです。

飲食店でもよくある話ですが、当たり前
になり過ぎて、いらない作業をしている
ことは多々あります。

ただ小さすぎて気付いていないだけで
「それいらないんじゃない?」
と改めて考えると気づくことはあります。

毎日おこなっていたけど、実は3日に
1回でも大丈夫な作業だったり・・・。

よく使うものなのに、遠くにおいて
あって、取りに行く時間が掛かって
いたり・・・。

などなど沢山あります。

例えばキャッシュレスにするとお釣りを
渡す必要がなくなるので、レジ会計は
早くなるし、両替に行く必要もなく
なったりします。

もちろん手数料は取られますが、
両替だって手数料は掛かるし時間も
取られます。

今回私もラーメン屋さんを始めましたが
ラーメンを作るのに、一歩でも少なく動く
ことが重要なのが感じ取れました。

1日100杯のラーメンを作れば1歩多い
だけで1日100歩、25日あれば2500歩
年間で言えば30000歩の効率が変わり
ます。

それは配置を変えたり、手順を変える
事で改善することが出来るのです。

ハンコのように、それが当たり前と
思わずに、無駄な作業をなくすことで
今まで以上の効率化を目指しましょうね。

あなたなら必ず頑張れます!
私も応援しています!

「集客大将塾」 布施裕之

LINE集客のイロハも学べる
集客大将塾への参加はこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/taishoujuku
今なら初月ワンコインで参加出来ます!
コロナ応援価格はもうじき締め切りです。