再来店対策

お客さんの気持ちを高揚させよう!

おはようございます!
集客大将の布施裕之です。

昨日は自身でウーバー専門店の現場に
1日出ていました。

するとそこに師匠から1本の電話が・・・。

「布施さんウーバー専門店のお店って
何坪ぐらいの大きさですか?」
と聞いてきました、
私はスピーカーでやり取りをしながら
料理を作って出していると、
「そんな片手間で出来るんですか?」
と聞かれました。

そうなんですよね。
本当に今回のウーバー専門店は簡単に
誰でも調理が出来ます。

慣れればバイトでも十分に同じものが
作れるでしょう。

なぜならよ出るものが、
茹でた
・もやし
・ブロッコリー
・カリフラワー
・鶏むね肉
を切って並べて、レンジで温めるだけ
です・・・。

これを料理人の人が聞
「そんなの料理じゃないよ!」
と言われそうです。

しかし、売れるんですよね、これが(笑)

中には「ゆで卵」や「茹でもやし」を
頼んでる人もいます。

つまり、考えたら負けなんです!

売れなても美味しい料理を作るのか?
簡単で誰でもできる売れるものを作るのか?
経営者としてどちらを選ぶのか?
ということです。

私は経営者として、売れるものを
選びます。

じゃないと会社が潰れちゃいますからね。

経営者はあまり考えすぎずに売れるものを
作ることにも努力をしていきましょうね!

==================
1つの店舗の売上を最大化する方法が
学べるのは9月だけ!↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/taishoujuku
==================

さて昨日はappleもやっている販促テクニック
の1つである「プロダクトローンチ」に
ついて話しをしました。

細かい話をすると色々なやり方が
あるのですが、飲食店であれば3~4通
にメッセージを分けて送れば大丈夫です!

では内容はどんなものかというと、
例えば新商品の案内であれば

1通目「なぜその商品を選んだのか?」
・修業時代に初めて料理長に褒められた
料理だった。
・母親が小さい頃に作ってれた。
・今は亡き常連さんが好きだった。
・初めて食べた時に衝撃を受けた。
などなど作るきっかけとなった
エピソードを送ります。

3日~5日後
2通目「どんな苦労があるのか?」
・素材の仕入れが困難。
・作るのにレシピがない。
・長時間仕込みが掛かる。
・味が決まらない。
などの、作るうえでの失敗談や
苦労話を送ります。

3~5日後
3通目「いつから始められるのか?」
・始める日にちを決める。
・予約の受付開始
・数量限定なのか?
・期間限定なのか?
・価格は?
・割引はあるのか?
など売るための情報をここで
初めて送ります。

3~5日後
4通目「前日の告知」
・いよいよ明日からスタートです。
・事前予約が多数入ってます。
・あとすでに残り〇〇です。
などなど、最終の告知で予約数や
残りの席数などを送ります。

こうやって、1回のメッセージで
完結させず、1つのストーリとして
商品を売り出すのです。

こうして期待値を高めることで
販売と同時に完売することも可能
です。

忘年会の予約や、おせちの販売など
にも使えますので、しっかりと日程
を決めて、お客さんの「食べたい!」
を引き出していきましょう!

あなたなら必ず頑張れます!
私も応援しています!

集客大将」 布施裕之

LINE集客のイロハも学べる
集客大将への参加はこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/taishoujuku
今なら初月ワンコインで参加出来ます!
コロナ応援価格はもうじき締め切りです。