写真の撮り方

料理写真の構図はどうする?

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

現在居酒屋からラーメン屋への業態変更
を進めていますが、実はもう1つ同時進行
で業態変更を進めています。

それは居酒屋からのウーバーなどの
配達専門店です。

今飲食店へのニーズは激変しています。

団体での宴会が出来ないのを始めとして、
会社員同士の飲み会、公務員の外食、
深夜の営業禁止、などなど様々なケース
で今までとは違っています。

これほどニーズ一気にが変わることって
今までになかなかないですよね。

飲食店の流行り廃りはある程度ありますが
一気には変わりません。

ほんの2~3カ月の間に、全く異なる
ニーズの世の中になってきています。

そのため大手企業の飲食店ほど小回りが
利かないため、簡単に業態変更が出来ず
に閉店をせざる得ない状況です。

ただ個人店はやる気になれば、直ぐに
でも業態を変えることは出来ます。

もちろん、それなりに労力ややる気は
必要ですけどね。

せっかく始めたお店をなんとかしたい!
という気持ちがあれば、今回のこの困難
もあなたならきっとの超えられるはずです。

一緒に頑張っていきましょうね!

==================
コロナ禍でも生き残れる経営術を
学びたいなら↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/shuukyakubaizou
==================

さて美味しそうな料理写真は販促に
とっては欠かせないものです。

ではどうしたら美味しそうに料理写真
が撮れるのでしょうか?

まず第一歩として【構図】が重要です。

料理を美味しそうに見せるには
盛り付けが重要ですよね?

それと同じように、写真もパッと見た
瞬間に「美味しそう!」と感じさせる
構図が大事なのです。

まずなんだかイマイチだな・・・と
感じる構図の1つに、ど真ん中に
料理をポツンと置いてしまうことが
あげられます。

写真で美味しそうと感じさせる構図の
取り方の1つに「3分割法」というもの
があります。

これは縦横3分割に分けて、合計9マス
の枠の中で構図をとるものです。

これはスマホにもある機能です。

「グリッド」と呼ばれる補助線を
写真を撮る時に出すことが出来ます。

もし設定が分からなければ、
「スマホ グリッド設定」
で検索すればすぐに出てきます。

こうして分けた枠を元に、中心に料理
を置くのではなく、少しずらした
位置に料理を置きます。

お皿も全体を入れるのではなく、少し
切れているぐらいがちょうどいいです。

↓真ん中に料理が来ていて、のっぺりとした構図になっている。

 

 

 

 

↓少し皿をずらすことでメリハリが出ている。

 

 

 

「そういわれても、イメージが
つかない・・・」
という人にはもう一ついい方法が
あります。

それは、Googleなどで参考になる
写真を検索するのです。

例えばステーキの写真を撮りたいなら、
「ステーキ 美味しそう 画像」
と検索してみて下さい。

すると、美味しそうなステーキの
画像が色々と出てきます。

そして、その中から「コレだ!」
という画像を決めて分析をしていく
だけです。

そして下手でもいいので、紙に下書き
をするといいです。

皿の位置や、撮影する角度を決めて
真似して撮るわけです。

これだけでも相当美味しそうな
構図を勉強することが出来ます。

美味しそうな料理写真のために
まずは構図を決めることから
始めていきましょう!

あなたなら必ず頑張れます!
私も応援しています!

「集客大将塾」 布施裕之

写真の撮り方も学べる、飲食店
経営塾に参加しませんか?↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/shuukyakubaizou