メニューブック

POPの次にやるべき販促はなにか?

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

昨日は名古屋のクライアントさんと
オンラインコンサルをしました。

今日は北海道と京都の方と同じく
オンラインでコンサルを行います。

各地で皆さん頑張ってらっしゃいますが
どこもコロナの影響は受けています。

そこで私が今コンサルですすめている
のは、「収入経路」を増やすことです。

今までは宴会や飲みのお客さんで連日
盛況だったお店が、今や閑古鳥が鳴いて
しまっているお店が沢山あります。

それでも、宴会のお客さんはいつか来る!
なんて待っていたら潰れてしまいますよね?

なので、大事なのは今の経営はそのままに
して、その他での収入を増やすことです。

昨日の名古屋のクライアントさんも、
店舗はそのままに売り場だけを週末限定
で別テナントで増やすことを考えています。

他にも
・テイクアウト
・ウーバーなどの配達
・料理教室
・貸し会議室
・出張料理

などなど今あるものとは別に収入を増やす
事が、これからの飲食店には欠かせない
課題になっています。

自分のお店で他に出来ることは何か?
を考えてみて下さい。

==================
コロナ禍でも生き残れる経営術を
学びたいなら↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/shuukyakubaizou
==================

さて、POPを書き続けていくと、徐々に
売れるPOPの仕組みが分かってきます。

そうすると、POPだけでなく次の販促を
始めたほうがいいです。

で、POPの次にやった方がいい販促は
何かというと、「メニューブック」作り
です。

POPはあくまで一部分の商品を紹介して
いますが、メニューブックはお店全体の
商品を紹介しますよね。

で、メニューブックに力を入れてない
飲食店って多いのですが、これがまた
損をしている可能性があります。

実際に私のお店ではメニューブックを
変えて単価が140%アップしました。

もちろん、ここまで伸ばすのにメニュー
構成の内容も変えましたが、大きく
変えたのは「メニューの魅せ方」です。

クライアントさんでも、メニューブックを
変えたところ、単価が上がって赤字から
黒字になったお店もあります。

メニューブックは軽視されがちで、
「商品が分かればいいんじゃない?」
程度にしか考えてない店も多いです。

実際に私自身もそうでした。

筆ペンでA4の紙に手書きで商品名と
価格を書いただけの物でした。

本当に今では恥ずかしくて、人には
見せられないです(笑)

実際に黒歴史として全部捨ててしまい
ました・・・。

今思うとビフォーアフターで取って
おけばよかったですけどね。

ただそれぐらい、メニューブックに関心
が以前はありませんでした。

では、どのようにメニューブックを
変えていったら単価を伸ばせるのか?

まず最初にやって欲しいことは
「売りたい商品を絞る」
ということです。

「うちはアレも美味しい!コレも
美味しい!」
では、お客さんは何を頼めばいいのか
悩んでしまいます。

居酒屋さんだと、大体メニュー数は
60~100ぐらいありますよね。

この中から注文するお客さんは大変です。

なので売りたい商品を3~5つぐらいに
絞ることが大事です。

ここで勘違いしないで欲しいのは
「高い商品を売ればいい」
というわけではないです。

あくまで本当に自信を持ってオススメ
出来る商品に絞ることです。

例えば
・手間暇を掛けている
・素材にこだわりがある
・コスパがいい
・思い出の商品
・一番人気の商品
などです。

こうした、本当にお店が自信を持って
オススメ出来る商品を「目立たせる」
だけでも、単価は変わります。

高額商品でも関係なく注文数が増えたり
1人当たりの注文の数自体が増えたり
していきます。

実際に私のお店では、元々1番高い
メニューでさえ980円でした。

なので、よく出るメニューは500円前後
のメニューばかり。

それが2980円のメニューが一番オススメ
にした所、それ自体は当然出ますが、
他の商品も高額の物が出るようになった
のです。

このように、オススメのメニュー次第で
単価は大きく変わっていきます。

あなたのお店には本当にオススメ出来る
商品はありますか?

そして、その商品はメニューブックの
中で目立つ位置にあるでしょうか?

まずはその辺りからメニューブック作り
を意識してみて下さいね。

あなたなら必ず頑張れます!
私も応援しています!

「集客大将塾」 布施裕之

ゼロから販促を学びたい!
そんな時には飲食店経営者が集まる
経営塾に参加しませんか?↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/shuukyakubaizou