POP

注文する理由はあるか?

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

昨日から大分朝晩は涼しくなって
きましたね。

先週までは朝の5時でも気温が30度を
超えていて、さすがに散歩に行くのも
嫌になっていました・・・。

しかし今日の朝は涼しくて、愛犬も
元気いっぱいに歩いていて、過ごし
やすい秋が近づいているのを感じました。

今年はコロナでスタッフと春の花見も
夏のBBQも出来なかったです・・・。

秋か冬頃には温泉にでも行って、ゆっくり
とくつろぎたいですね!

==================
コロナ禍でも生き残れる経営術を
学びたいなら↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/shuukyakubaizou
==================

さて前回はPOPは気付かれることが
大事だという話しをしました。

当たり前そうに思うかもしれないですが、
逆に言うと出来てる店って少ないです。

貼ってれば皆が見てると思っちゃいけ
ないということですね。

そして次に大事なことは、POPを見て
もらったら、注文してもらうことが大事
ですよね?

つまりPOPの内容が問題になります。

注文率を上げるにはいくつか手法がある
のですが、今日はその中でも3つ紹介したい
と思います。

まず1つ目は
「お客さんの意見を入れる」
という方法です。

お店側から商品の紹介があっても、売り込み
のように感じてしまいます。

なので、あくまでお客さんの声として
商品を紹介するわけです。

例えば
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「いつも来ると必ず注文してしまう!
一度食べたら病みつきになります!」
と常連さんが必ず注文する1品です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
というメッセージと、料理を食べてるお客さん
の写真があったら、信憑性が上がりますよね。

テレビの通販でも
「個人の感想です」
とテロップが入りながら、利用者の声を
出しますよね。

あれをPOPに応用するわけです。

これは簡単に出来るし、お客さんの方が
いいコメントをくれるので、考える必要も
ないです。

2つ目は
「疑問形で語り掛ける」
ことです。

これも簡単ですが、最後に「?」マーク
をつけるだけで、注文率が上がります。

例えばPOPのキャッチコピーに
「当店1番人気の○○はもう召し上がり
ましたか?」
と疑問形にするだけです。

これだけで、お客さんは「注文するのが
当たり前なんだな~」と思ってくれます。

最後に3つ目は
「注文する理由を作る」
ということです。

どういうことかというと、お客さんに
「しょうがないな~注文してあげるよ」
と思わせることです。

例えば
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「店長が間違えて○○の注文を1桁
間違えて注文してしまいました・・・。

返品も出来ず、このままでは○○は
賞味期限が切れてしまいます。

そこでお願いがあるのですが、今回の店長
のミスをあなたが救ってくれませんか?

今回心優しきお客さんには通常価格
○○円のところ、××円に致します。

店長も反省していますので、今回は
お客様のご協力をお願い致します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
という文章と共に、申し訳なさそうに
している店長の写真があったら、思わず
注文しませんか?

またそこから会話が発生しそうですよね?

こうして、POPはただ単に商品の案内を
するだけでなく、お客さんを楽しませる
事も出来ます。

是非色々なパターンのPOPを作って
お客さんとの距離を縮めていきましょうね。

あなたなら必ず頑張れます!
私も応援しています!

「集客大将塾」 布施裕之

ゼロから販促を学びたい!
そんな時には飲食店経営者が集まる
経営塾に参加しませんか?↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/shuukyakubaizou