POP

POPの反応率を上げたいなら、まずはこれをやろう!

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

昨日は朝一でラーメン屋さんの研修に
行き、昼過ぎには新しい事業展開の
ための説明会を受けていました。

久しぶりに店舗の大変革を2店舗同時に
行なっていくので、かなりバタバタです。

しかし、上手くいけば今回コロナで大変
な飲食店の状況を少しでも変えられる
と思うので、率先して自分の店舗で改革
を行っています!

どんな状況でも諦めずに、一緒に成長を
していきましょうね。

==================
コロナ禍でも生き残れる経営術を
学びたいなら↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/shuukyakubaizou
==================

さて、POPを作る時に大切なのは、
とにかく書き続けることだという
話しを先日しました。

では、POPを作る時に意識するべき点は
どこか?という話しを今日はしていき
たいと思います。

まず、POPに限らず販促全般に言える
事なのですが、販促を
「必ず見てもらっている」
前提で考えてはいけません。

逆に言えば多くの人は販促物のほとんど
に気付いてないという事実があります。

例えば、繁華街に立ち並んでいる看板
を全て、あなたは見ていますか?

ポストに入っているチラシを、チェック
していますか?

多分ほとんどの人は、ちゃんとは見て
いないですよね。

POPも一緒です。

ほぼオブジェと化しているPOPでは
誰も気づかないし、見てくれていません。

なので、大事なことは
「気付かせる」
ということです。

逆にいえば、どうしたら気付いてもらえる
のかを考えることから始めます。

例えば
「POPを貼る位置」
1つでも大きく気付きが変わります。

お店の人は大体POPを貼る時に、立ちながら
壁に貼りますよね?

すると実際にお客さんが椅子に座った時に
目の高さとずれが生じます。

これだけで、もう気付かれない位置に
貼っていたりするんですよね。

面白い手法としては、美容室や床屋で
髪を洗う時に上を向きますよね?

そうすると目線は天井に行きます。

その時に天井にPOPが貼ってあれば
100%に近い確率で、POPに気付いて
もらえます。

他にもトイレの座った位置の前にPOPを
貼ったり、レジの横に貼ったりしても
見てもらえる可能性が高いです。

実際に私のお店の店長が1枚しかPOPを
貼ってなかったのを、全てのテーブル
で見えるように貼っただけで、反応率が
大きく変わりました。

こうして、貼る位置一つとってもPOPに
気付いてもらえるようになります。

他にも
・文字を大きくする
・紙を大きくする
・色を目立つ色にする
・紙の色を目立つ色にする
・紙の形を変える
・何枚かに分けてくっつける
・引き出しをつける
・人の顔を載せる
・飛びだたせる
などなど、色々なやり方で気付かせる
ことが出来るようになります。

せっかく書いたPOPが気付かれないのは
淋しいですよね?

是非お客さん全員が気付くPOPにしま
しょうね!

あなたなら必ず頑張れます!
私も応援しています!

「集客大将塾」 布施裕之

ゼロから販促を学びたい!
そんな時には飲食店経営者が集まる
経営塾に参加しませんか?↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/shuukyakubaizou