コンセプト設計

新時代のカメレオン経営スタイル

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

昨日は師匠の専属コンサルチームの
ミーティングでした。

しかし、コロナ感染急増のため
zoomにてオンラインミーティング。

私的には会議後の飲み会が楽しみ
なだけに、ちょっと寂しい気もします
が、仕方ない所ですね・・・。

なんだか人と気軽に接することも
出来ない、寂しい世の中ですが、
経営者だけは前を向いてスタッフの
皆を引っ張っていきましょうね!

==================
業態変更を考えているけど中々思い
切って出来ない・・・。
コロナ時代の新しい業態開発の
ヒントが満載です↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/shuukyakubaizou
==================

昨日は思い切って今やっている業態を
変えてみてはいかがでしょうか?という
話しをしました。

私のお店は都心でサラリーマンがメイン
ターゲットだったので、思い切って
変える決心はつきやすかったです。

しかし、微妙に売上が保てて、あと
少しの売上があればなんとかなる。
というお店は判断が難しいと思います。

昨対80%ぐらいで、なんとか行けそう
だけど、若干マイナスだから徐々に
貯金は減っていく。

なんてお店は、思い切って行動出来ない
んですよね。

今は特に今までにない状況なだけに
本当に判断が難しいと思います。

しかし、ウーバーなどを始めても効果が
薄い・・・。

そんな、お店で一番効果的なのが
「バーチャル店舗」です。

バーチャル店舗とは、配達専門のお店と
して登録をし、実際にはお店の営業を
普段通りしながら、別業態を経営して
行くスタイルです。

例えば居酒屋をやりながら、
「オムライス専門店○○オムライス」
ウーバー上に出店することが出来ます。

なぜ、このようにバーチャル店舗を
作るのか?と思いますよね。

別に今のお店でオムライスを出せばいい
だけなのでは?と考えます。

これは昨日の話しの中にもあったように、
食べたいものがあった時に専門店を選ぶ
人が増えています。

居酒屋のオムライスよりも、オムライス屋
さんのオムライスの方が美味しそう!と
思うわけです。

であれば、ウーバーの形上であれば、
実際に来店はしないため、何業態も
専門店を作る事が出来るわけです。

つまり本体は変わらずに、周りからの
見え方が変わる、カメレオンのような
経営が出来るのです。

やる業態は今の自分のお店にある設備
で出来る範囲であれば、ウーバーの登録料
だけ済むため、数万円で新規出店が出来
ます。

これならば、今の経営スタイルを崩す
ことなく、営業できるので、マイナス分
を確保することが可能です。

このような時代だからこそ柔軟に、
自分の色を残しつつも、違う色を
出せる経営スタイルをしてみては
いかがでしょうか?

あなたなら必ず頑張れます!
私も応援しています!

「集客大将塾」 布施裕之

PS
ちなみに実際に私のお店でも、この
スタイルに変えていきます!
詳しい話しを聞きたい方はこちらから
申し込みください↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/shuukyakubaizou