マインドセット

情熱の掛けどころを間違わない

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

今日の東京都の最高気温は36度予想で
今年一番の暑さになるようですね。

朝の5時半からの愛犬との散歩タイムで
さえ25度を超えているので、暑くて
帰った頃には汗だくです。

長い梅雨が終わったと思ったら、暑さ
が加速してますね。

暑さへの体の適応がまだ弱いと思うので、
厨房での熱中症にだけは、気を付けて
下さいね。

==================
新しい形のマーケティングが学べる
のは今だけ!
初月ワンコインのお試し期間で
学ぶことが出来ます↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/taishoujuku
==================

さて経営者になると、利益を出すこと
に最も力を注ぎますよね?

スタッフの育成も、
メニュー開発も、
マーケティングも、
色々なこと全てが、利益を出すために
頑張っているわけです。

それは当然であり、間違ってはいません。

「利益なんかいらないよ!
お客さんが喜ぶ顔がそこにあれば、
俺は満足なんだ!」
という人もいると思いますが、
実際にその考えで店が潰れて
しまっては元も子もないわけです。

しかし、利益ばかりを追い求める
あまりに、お店に対する「情熱」を
見失ってもいけません。

利益を出すことは大事ですが、その
利益を出すためにはお客さんが来て
くれるからこそ、利益が出て商売が
成り立っているわけです。

それを効率化や利益ばかりを求めすぎ
た結果、なんにも面白みがなく素気
ない店になってしまいます。

私のお店でも極力仕込みを減らして
いこうと考えていますが、そこを
追求し過ぎると「こだわり」がなに
1つない店になってしまいます。

そうなってしまうと、それこそ大手
チェーン店と何も変わらなくなって
しまいます。

なので大事なのはどこに情熱を注げる
のか?ということです。

全てに情熱を注ぐと、それはそれで
儲からないお店になってしまいます。

もちろん、それなりの単価が取れる
お店であれば問題ないです。

しかし、そうでないのであれば、力を
入れる所と、抜くところのバランスは
非常に大事です。

例えば、仕込みの力を抜くのであれば
食材自体の方に力を注げば、こだわり
を伝えることは出来ます。

あなたのお店の情熱はどこにありますか?

バランスよく情熱を注いで、個人店の
良さを出していきましょうね!

あなたなら必ず頑張れます!
私も応援しています!

「集客大将塾」 布施裕之

・人口7000人の街で10数年間の赤字から
たった1年で年商450万アップし黒字に
なった長崎の中華料理屋さん

・単価が3500円から5000円になり売上
50万アップのメニューブックを作った
東京の居酒屋さん

・2000円の高級食パンが2カ月待ちになり
月商350万から200%アップの月商700万
になった神戸のパン屋さん

・看板を変えただけで翌日からランチの
平均売上150%アップした東京の和食屋さん

・売上は変わらないのに、2カ月後には利益を
毎月100万アップさせた名古屋のお弁当屋さん

など、売上を伸ばしているお店が
やっている秘密を公開中!
詳しくはこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/taishoujuku