実践販促

販促はシンプルイズベスト!

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

今日から東京都は再び時短営業が
始まります。

大阪も繁華街では20時までの時短営業
ですよね。

それに合わせて私のお店では、2店舗を
業態変更する予定です。

ここで国や都などがやることに文句を
言っていても何も始まりませんからね。

商売を始めたからには、1つがダメに
なっても諦めずに、色々と足掻いて
いきましょうね!

==================
1人で悩んでる時間は勿体ない!
現役飲食店経営者だからこそ分かる
あなたの悩みを解決します!
詳しくはこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/migiudepro
==================

さて先日スマホの機種変更をした時に、
色々なプラン変更をしました。

自宅の光回線をauからソフトドリンク
に変えたり、家族割を加えたり、
テザリング出来る機種を変えたり
と4つぐらいプランを変えました。

すると店員さんに、書類を2つほど
渡されて、これを記入して後日また
来てください。
と言われて書いて持っていきました。

すると違う店員さんだったのですが、
それは必要ないから、私の嫁さんの
身分証明書だけあれば大丈夫です。

と結局なって、前の日にそれは言われて
ないから、再び後日行くハメに・・・。

さらに翌日の店員さんはまた違うコト
言い始めて・・・。
まあそれはその店員さん勘違いで
なんとか無事に全て終えました。

しかし、今の携帯会社のプランの仕組み
は複雑すぎて、店員さんも理解出来て
いないんですよね。

それじゃあ、お客さんが分かるわけ
ないですよね。

こうした事は飲食店でも起こりえます。

クーポンやプレゼントを販促物に付けた
時に、色々な注意事項や、使うときの
条件を盛り込み過ぎちゃうんですよね。

例えば時間制限があって
「19時までに来たら、飲み物を
半額にします。」
までならいいのですが、加えて
「料理を3品以上頼んだら・・・」
とか
「人数は何人まで・・・」
など条件が2つも3つもあって、伝わり
にくかったりします。

他にもクーポンを持ってきて、その上
でお店で住所を書いてくれたら適用
します。
など2度手間3度手間掛かったりする
ものもよくないです。

販促のクーポンなどで、3ステップ以上
の手間があるものは、お客さんには
伝わりません。

ネット上の販促でもよくあるのが
1、QRコードでアプリを入れる。
2、空メールを送る。
3、自動返信のメールからログインする。
4、ログイン後に顧客情報を入れる。
5、アプリを開き、クーポンを探す。
6、スタッフにそのクーポンを見せて
割引が適応される

みたいに6個もステップを踏まないと
クーポンにたどり着けないものが
あったりします。

コレでは登録しようと思っても、途中で
挫折してしまう人が大半です。

なので基本的には2ステップ以内で
割引が適応されるのがベストです。

例えばLINEなら、
1、QRコードを読み取る
2、登録画面のクーポンを見せる
だけです。

チラシでも
「チラシを見たよ~」と言って下さい。
だけでもいいわけです。

マメな人ならクーポン部分を切ってもって
来てくれるかもしれませんが、切るのが
面倒な人も沢山います。

自分がお客さんの気持ちになって考えれば
分かるのですが、意外とお店の立場になる
と、忘れてしまいがちです。

どうしても、
「こんな使われ方は嫌だな・・・」
という気持ちから、条件を増やして
しまうのです。

宮沢賢治さんの「注文の多い料理店」
みたいにならないように気を付けて
シンプルに分かりやすい仕組みに
しましょうね。

あなたなら必ず頑張れます!
私も応援しています!

「集客大将塾」 布施裕之

・人口7000人の街で10数年間の赤字から
たった1年で年商450万アップし黒字に
なった長崎の中華料理屋さん

・単価が3500円から5000円になり売上
50万アップのメニューブックを作った
東京の居酒屋さん

・2000円の高級食パンが2カ月待ちになり
月商350万から200%アップの月商700万
になった神戸のパン屋さん

・看板を変えただけで翌日からランチの
平均売上150%アップした東京の和食屋さん

・売上は変わらないのに、2カ月後には利益を
毎月100万アップさせた名古屋のお弁当屋さん

など、売上を伸ばしているお店が
やっている秘密を公開中!
詳しくはこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/taishoujuku