コンセプト設計

コロナ時代の新業態選び

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

4連休も終わり、gotoで忙しかった店も
あれば、ゆっくりと休んでいたお店も
あると思います。

観光地も今回は少し賑わっていたようで
良かったです。

もちろん感染は怖いですが、そればかり
いっていたら、本当に我々飲食業は潰れ
るのを待つだけです。

もちろんテイクアウトやデリバリーも
いいですが、手間の割に利益が少ない
です。

年内は厳しい状況が続くと予想されます
が、その間を生き抜けるよう強い経営者
に成長していきましょうね!

==================
1人で悩んでる時間は勿体ない!
現役飲食店経営者だからこそ分かる
あなたの悩みを解決します!
詳しくはこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/migiudepro
==================

さてコロナの影響で色々な業者さんに
話しを聞いていると、業態を変える所
が非常に増えているそうです。

実は私も1店舗を業態を変えるために
ここ最近ずっと動いています。

私がどんな業態にするかはまた報告
させてもらいますが、この業態を変える
と言っても色々と悩みますよね。

今現在業態を変えようと考える多くの
人は「居酒屋業態」ではないでしょうか?

今は飲みに行くこと自体が世間的に悪な
イメージになってしまっています。

なので今は飲みに行く業態自体が下降
してしまうのは仕方ないことです。

ダメだからそのままでいいか?という
わけにはいきません。

そこで業態を変えようと考える人が
増えているわけですよね。

では、今この状況ではどんな業態に
するのがいいのか?を考えてみましょう。

まず最初に考えられるのはテイクアウト
やデリバリーに対応しやすい業態がいい
です。

現時点でそちらへのニーズは高いわけ
なので、わざわざ新しく始めるのにその
ニーズを避けることはないです。

例えなウーバーイーツなどでは、1つの
店舗で複数の業態をすることが出来ます。

例えば
・サラダ専門店
・ステーキ丼専門店
・ハンバーグ専門店
・麻婆豆腐専門店
などなど色々な専門店を1つのキッチンで
作り上げていきます。

作るお店は同じでも、ウーバーイーツ上
では別のお店になっています。

なぜ別のお店にするのかというと、
その方が注文する人のニーズと
マッチしやすいからです。

例えば
「麻婆豆腐が食べたい!」と思った時に
中華料理店と麻婆豆腐専門店があったら
多くの人が麻婆豆腐専門店を選びます。

なぜなら、そのお店の方が美味しそうと
感じるからです。

なので専門店としてお店を複数登録する
ことで、ウーバーイーツの中でも売上を
どんどん伸ばして行けるわけです。

実際にこのやり方で店舗自体はキッチン
しかない、狭いお店でも売上を伸ばして
いる所があります。

https://www.ghostkitchens.tokyo/brands
こちらのゴーストキッチンさんは
1つの店舗で9つの業態をやっています。

しかし内容を見れば、
「1つにまとめてもいいんじゃない?」
と思うものです。

こうしてコロナ時代だからこそ伸びて
いるお店もあります。

外食できないから今だからこそ、求められ
ているお店は何か?を考えてみて、業態
の変更をしてみて下さい!

あなたなら必ず頑張れます!
私も応援しています!

「集客大将塾」 布施裕之

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
・人口7000人の街で10数年間の赤字から
たった1年で年商450万アップし黒字に
なった長崎の中華料理屋さん

・単価が3500円から5000円になり売上
50万アップのメニューブックを作った
東京の居酒屋さん

・2000円の高級食パンが2カ月待ちになり
月商350万から200%アップの月商700万
になった神戸のパン屋さん

・看板を変えただけで翌日からランチの
平均売上150%アップした東京の和食屋さん

・売上は変わらないのに、2カ月後には利益を
毎月100万アップさせた名古屋のお弁当屋さん

など、売上を伸ばしているお店が
やっている秘密を公開中!
詳しくはこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/oghg/taishoulp/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆