コンセプト設計

「差別化」ってよく聞くけどどうすればいいのか?

こんにちは!
集客大将塾の布施裕之です。

今日は北海道のクライアントさんの
所へ訪問コンサルのため、朝4時起き
で散歩を済まして札幌空港へ来ました!

北海道の方とは早めのにアポを取って
日程を決めているのですが、ここ最近
の報道を見ていると行けるかどうかは
ちょっと微妙な感じがしていました。

前回2月に訪問した時は成田空港には
人が少なかったですが、今日はかなり
の人が空港にいました。

まあ飛行機はかなり前から予約する
人が多いので、急な予定変更も難しい
のもあるでしょうね。

なんだか出掛けるのも窮屈な社会に
なっていますが、早く気兼ねなく
出掛けられる元の生活に戻って欲しい
ですね。

ちなみに今日は日帰りで、9時間後
にはまた再び札幌空港に戻ります!

==================
今日のテーマは
「差別化しろ!というけど、どうしたら
差別化出来るのか?」
==================
さて経営者のあなたなら、商売において
【「差別化」が重要だ!】
というのを、色々な人から聞くと
思います。

実際に差別化がないと、飲食店で言えば
お客さんからみたら皆んな同じ店に感じ
てしまうので、重要なポイントであること
は間違いありません。

しかし実際に差別化をしたいけど、
「どうやればいいのか?」
と考えるとなかなか難しいものです。

やり方は人によって様々あります。

まず差別化で重要なポイントの一つ
として「日本で唯一」の存在になる
必要はないです。

そんなことはほぼ不可能ですし、
例えなって日本各地からお客さん
が来るとしても一度きりでリピーター
にはなりません。

なので何も全国規模で考えずに、
あくまで自分のお店の商圏範囲で
考えれば十分です。

で、その商圏のなかでなにをするか
ですが、あまり難しく考える必要は
ないです。

差別化出来るポイントは一つで、
「自分の得意分野を特化する」
だけでいいのです。

商圏範囲でやってる店がないから!
と言って、自分が苦手なことを
わざわざやる必要はないです。

長年飲食に関わっていれば、自分の
得意な分野の1つはあると思います。

それをさらに磨きあげていくことで、
周りには負けない、差別化が自然と
出来あがります。

例えば私のクライアントさんで、
海鮮丼のテイクアウトのお店が
ありました。

しかし今だと海鮮丼のテイクアウト
でワンコインのお店が至る所にあり
ますよね?

また見方を変えればスーパーのお弁当
コーナーなどにも海鮮丼はあります。

すると「海鮮丼」という括りでは
差別化が難しく、お客さんからすれば
価格で決められてしまいがちです。

そこでクライアントさんと話して、他に
負けない得意分野を探したところ、鮪は
一本買いをしている所に行きつきました。

そこで「鮪の旨い海鮮丼屋」として
差別化をして、店名も「まぐろ」の文字
が入ったものに変えたのです。

こうすることでお客さんからは、
「美味しいまぐろ丼が食べたいと思った
時にはあの店にしよう!」
という目的が出来たわけです。

しかしやっている内容はそんなに大きく
変えていないです。

ただ自分のお店の強みをお客さんに
わかりやすく伝えているだけなのです。

こうやって自分の得意分野を伝えること
自体が差別化になっていきます。

あなたの得意分野は何ですか?

是非得意分野をお客さんに分かり
やすく伝えてあげて、差別化を
していきましょうね。

あなたなら必ず頑張れます!
私も応援しています!

「集客大将塾」 布施裕之

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
・人口7000人の街で10数年間の赤字から
たった1年で年商450万アップし黒字に
なった長崎の中華料理屋さん

・単価が3500円から5000円になり売上
50万アップのメニューブックを作った
東京の居酒屋さん

・2000円の高級食パンが2カ月待ちになり
月商350万から200%アップの月商700万
になった神戸のパン屋さん

・看板を変えただけで翌日からランチの
平均売上150%アップした東京の和食屋さん

・売上は変わらないのに、2カ月後には利益を
毎月100万アップさせた名古屋のお弁当屋さん

など、売上を伸ばしているお店が
やっている秘密を公開中!
詳しくはこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/oghg/taishoulp/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆