コンセプト設計

高額商品でも売れる秘密とは?

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

昨日テレビで京都の人気店である
「佰食屋」が店舗を減らして規模を
縮小しているとのことでした。

あれだけコンセプトがしっかりして
いるお店でも、今回のコロナの打撃
は大きかったんですよね・・・。

なので大事なのは今の形にこだわり
すぎないってことです。

どうやってもダメな時はあります。

決断が遅くなるほど傷が広がる時も
あるので、経営者としての判断を
鈍らせないように気をつけましょうね。

==================
今日のテーマは
「価格を上げる商品の作り方」
==================

さて小麦粉って一般的にいくらぐらいで
買いますか?

1キロ大体300円前後ぐらいですよね?

ところがその市場価格の約5倍の小麦粉
がバカ売れしています。

その小麦粉は150gで200円もします。

普通は凄く良質でいい小麦粉なのかな?
って考えますよね。

しかしその小麦粉の特徴は「サラサラ」
しているのが特徴です。

サラサラしているから、料理の時に振り
かけて使いやすいと評判なのです。
*ちなみにコレです↓
https://www.nisshin.com/cookingflower/

つまり良質なものが必ずしも高く売れる
わけではなく、必要で便利なものが高く
売れるのです。

つまり目的と一致したものほど人は欲しく
なるわけです。

例えばママ友が集まれば、普通の飲食店
よりも、キッズルームがある飲食店が
あればそこに集まりますよね?

私は犬を飼っているので、犬と一緒に食事
が出来るところならば、多少遠くても車で
出掛けます。

他にも飲食店で言えば「食べたい!」と
いう気持ちが強いものほど価格に関係なく
注文をしてくれます。

「食べたい!」と思わせるのは何も高級
食材を使うことだけではないですよね?

例えば「玉子焼き」を例に挙げると、
「玉子焼き 500円」
よりも
「注文が入ってから焼き上げる、お出汁
の香る自家製【だし巻き玉子】 600円」
の方が注文したくなりますよね?

このように「ニーズ」と「欲求」を満たす
ことで、多少高くてもお店を選んでくれたり
注文率が上がります。

今お客さん達がどんなことを望んでいる
のか?を考えてお店作りをしていきま
しょうね。

あなたなら頑張れます!
応援しています!

「集客大将塾」 布施裕之

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
・人口7000人の街で10数年間の赤字から
たった1年で年商450万アップし黒字に
なった長崎の中華料理屋さん

・単価が3500円から5000円になり売上
50万アップのメニューブックを作った
東京の居酒屋さん

・2000円の高級食パンが2カ月待ちになり
月商350万から200%アップの月商700万
になった神戸のパン屋さん

・看板を変えただけで翌日からランチの
平均売上150%アップした東京の和食屋さん

・売上は変わらないのに、2カ月後には利益を
毎月100万アップさせた名古屋のお弁当屋さん

など、売上を伸ばしているお店が
やっている秘密を公開中!
詳しくはこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/oghg/taishoulp/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆