なぜ儲からないか?

恰好から入らない方がいい

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

今日は東側は一日どんよりした天気
ですが、西側は快晴みたいですね!

気温も西は猛暑日越えで相当暑くなる
みたいです。

週末の移動自粛の解除を受けて、徐々に
街に活気が戻ってきていますね。

クライアントさんのお店も段々と予約が
入り始めたそうで、何よりの報告を受け
ました。

確かにまだまだ完全には戻ってないですが
今回の経験は、ある意味良かったと思い
ます。

切羽詰まることで、色々な判断を迫られて
「今のままではダメだ!」
という考え方が出来るようになった人も
多いのではないでしょうか?

生き残っている企業はどこでも、時代に
合わせて変化をして、適応性が高いところ
ばかりです。

今回の経験をもとに、あらゆる状況に
置かれても適応できる柔軟性を身に着けて
いきましょうね!

==================
今日のテーマは
「形にはこだわらないほうがいい」
==================

さて、突然ですがあなたがダイエットや
健康のためにランニングを始めようと
決意したとします。

その時にあなたが一番最初に始める
ことは何ですか?

これは人によって様々だと思います。
・早起きする
・走る場所を決める
・ジムに通う
・ランニングシューズやウエアーを買う
などなど。

この中でシューズを買うなどから入る
人もいますよね?

つまり格好から入る人です。

こういう人って意外と長続きしない
パターンが多いです。

結局履かれなくなった靴が下駄箱に
入ったまま使われない・・・。
なんてパターンになりがちです。

もちろん全員がそうではないですが、
恰好気にせずにまずは走ってみて、
徐々に必要なものを揃えていく人の
方が長続きします。

これは販促でも一緒です。

~~~~~~~~~~~~~~~~
美味しそうな写真を撮ろうと思って
まずはカメラを買ってしまう。

販促物を作るのに使えこなせない
パソコンソフトを買ってしまう。

読まないのにビジネス書を買って
しまう。
~~~~~~~~~~~~~~~~
などなど、まずは形から入って
しまうんですよね。

だけどなぜかどれも長続きしなかったり
使いこなせないまま終わってしまいます。

ここで大事なのは形から入るのではなく
まずはやってみてから必要なものを揃え
ていくことです。

写真を撮るなら、まずはスマホで撮って
みることです。

今のスマホのカメラは性能が高いので
結構美味しそうな写真が撮れます。

そこに限界を感じたら、きちんと使い
方を学びながら一眼レフなどを買えば
いいのです。

販促物も今ならパソコンに元々入って
いるパワーポイントやワードでも
十分に作れます。

そこに限界を感じたらイラストレーター
などのソフトを入れたらいいです。

料理人が料理をするのに、安い包丁でも
それなりの料理は出来ますよね?

逆に言えば素人でも高い包丁を使ったら
料理が美味しくなるわけではないです。

なので販促は今あるものを使っていき、
やってみて必要性を感じたら購入する
のが一番です。

ただし、形から入った方がテンションが
上がる人もいます。

テンションが上がって作業効率がよく
なる人は逆に形から入った方がいいです。

ようは行動を起こすためにどうしたら
いいのかが重要なので、その人に合った
やり方をしていきましょうね!

あなたなら頑張れます!
応援しています!
お互いに頑張っていきましょう!
「集客大将塾」 布施裕之

悩みから解放されたい人は↓
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
・人口7000人の街で10数年間の赤字から
たった1年で年商450万アップし黒字に
なった長崎の中華料理屋さん

・単価が3500円から5000円になり売上
50万アップのメニューブックを作った
東京の居酒屋さん

・2000円の高級食パンが2カ月待ちになり
月商350万から200%アップの月商700万
になった神戸のパン屋さん

・看板を変えただけで翌日からランチの
平均売上150%アップした東京の和食屋さん

・売上は変わらないのに、2カ月後には利益を
毎月100万アップさせた名古屋のお弁当屋さん

など、売上を伸ばしているお店が
やっている秘密を公開中!
詳しくはこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/oghg/taishoulp/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆