なぜ儲からないか?

飲食店の悩みを解決する方法

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

先日は久しぶりに愛犬を連れて、東京の
山奥に川遊びに行ってきました。

本当にここは東京なのか?と思うぐらい
山奥です(笑)

朝6時に出てお昼ぐらいまで遊んだので
近くでご飯を食べるとこを探していた
のですが、どこも駐車場が一杯・・・。

というより、駐車場がどのお店も2台
とかしか停められません。

唯一駐車場が大きなところは、今度は
大渋滞していました。

これを見ると、地方だと駐車場の数で
客数の限界が決まってくるんだな~と
感じますね。

その土地の地域性に応じた戦略も考えて
いきましょうね。

==================
今日のテーマは
「分からないことは考えても仕方が
ないことに気付こう!」
==================

さて会員さんからの質問を聞いている時
に、ある共通の根本が感じられます。

それは
「答えが分からないものに答えを求めて
いる」
ことです。

例えば
・販促をして忙しくなったらどうしよう。
・チラシはいつ撒いたらいいのかな?
・POPはコレでいいのだろうか?
などなど。

もちろん、ある程度は他のお店の結果
からみて予測を立てることは出来ます。

チラシでも、主婦向けのチラシなら
何曜日が反応がいいとか、宴会チラシ
なら、月のいつ頃にしたらいい。など
今までの経験の元に予測はつきます。

ただあくまで予測なので、答えでは
ないです。

POPだって何が反応がいいかなんて
そのお店のお客さんの層によって反応
は違ってきます。

なので正解なんて誰にも分からない
ものなのです。

大事なのは、やってみた結果から
どうしたらいいのかを考えることです。

つまりやってみなきゃ、その先の
アドバイスのしようがないってこと
なのです。

やってみたことがないものに対して
考えている時間は本当に無駄です。

ただやった事のないものに対して
不安を抱く気持ちはよく分かります。

私も販促なんて全くやった事がなかった
ので、何をやるにも不安が付きまとい
ました。

そこで一番いいのは、小さく「テスト」
をしてみることです。

例えばチラシなら、いきなり1万枚を
撒くのではなく、3000枚程度で試して
みるわけです。

そして結果を見て、それで十分な成果が
出たら、定期的に撒けばいいです。

成果は出たけど不十分ならば、枚数を
増やしていけばいいわけです。

こうして小さくテストをしていけば、
今後の対策を色々と練れます。

大事なのは考えて悩んでいる時間よりも
先に行動をしてみることです。

その行動に「失敗」って言葉はないです。

成果が出なくても、そのやり方と違う
ことをすればいいだけです。

悩んでいるよりも「これではダメ」という
答えが出たほうがスッキリします。

悩んでいる暇はないんです!

さあ突き進んでいきましょうね!

あなたなら頑張れます!
応援しています!
お互いに頑張っていきましょう!
「集客大将塾」 布施裕之

悩みから解放されたい人は↓
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
・人口7000人の街で10数年間の赤字から
たった1年で年商450万アップし黒字に
なった長崎の中華料理屋さん

・単価が3500円から5000円になり売上
50万アップのメニューブックを作った
東京の居酒屋さん

・2000円の高級食パンが2カ月待ちになり
月商350万から200%アップの月商700万
になった神戸のパン屋さん

・看板を変えただけで翌日からランチの
平均売上150%アップした東京の和食屋さん

・売上は変わらないのに、2カ月後には利益を
毎月100万アップさせた名古屋のお弁当屋さん

など、売上を伸ばしているお店が
やっている秘密を公開中!
詳しくはこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/oghg/taishoulp/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆