なぜ儲からないか?

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる?

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

昨日は久しぶりの会場セミナーを行い、
その後は東京下町酒場ツアーで熱い
販促談義で時が経つのを忘れていました。

会員さんにも会うのが久しぶりなので
「聞きたいことがいっぱいあります!!」
とやる気に満ち溢れていました。

本当にセミナー後の懇親会は毎回熱い
です。

どいうやったら儲かるか?をみんなで
真剣に楽しく話しをした上で、実践して
気付けば繁盛店になっている。

なのでセミナーよりも実は終わった後の
時間の方が良かった!なんて人もいたり
して嬉しいような悲しいような・・・(笑)

まあ結果的に皆が売上さえ伸びてくれれば
大将塾の存在する意味は十分にあるので、
これからもセミナー以上に熱い販促談義
をしていきたいと思います!

==================
今日のテーマは
「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる?」
==================

さて私のお店は実は6年ほど前には
潰れかけていたほど売り上げに悩んで
いました。

そんな潰れかけた店が、2年ほどで
売上対比で150%ほどまで伸びました。

数字でいえば月商170万だったのが
250万ほどの売上です。

お店の規模は20席ほどの小さなお店で
都心でオフィス街のため土日は休んで
いて、月に20日ちょっとしか営業を
していません。

なので一日の売上で考えると4万ほど
上がっています。

昨日もそんな話しをしていたら会員
さんには、
「潰れかけてから何をしたら売上が
上がったんですか?」
と聞かれました。

ただ正直その答えは難しく
「これだ!」
というのはないんですよね。

実は手当たり次第に色々な販促を
やりまくっているうちに売上が伸びた
だけなのです。

・商品コンセプトを変えたり。
・看板を直したり。
・メニューブックを変えたり。
・POPを貼ったり。
・チラシを撒いたり。
・ハガキDMを送ったり。
・メルマガをやったり。
・LINEをやったり。
・食べログやったり。
・レッティやったり。
・Googleマイビジネスやったり。
などなど・・・

とにかく色々な販促を見よう見真似で
どんどんやりました。

すると単価が上がり、常連さんが増えて、
新規のお客さんも来るようになったの
です。

だから「コレで売上が伸びた!」という
決定的な話しはないです。

もちろん中には全くと言っていいほど
反応のなかった販促もあります。

しかしそんなのはお構いなしに、次々に
販促を続けていったのです。

今見ると販促の内容なんて酷くて恥ずか
しいものばかりです(笑)

それでも色々とやったおかげで、売上
アップという結果には結びついています。

大事なことはまずは数を出すということ
なんですよね。

下手な鉄砲も数撃てば、どこかで当たり
ます。

まずは撃たないことには当たるはずも
ないので、外れることを気にせずに
どんどん撃ちまくりましょうね!

あなたなら頑張れます!
応援しています!
お互いに頑張っていきましょう!
「集客大将塾」 布施裕之

数撃つための販促を学びたいならこちら↓
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
・人口7000人の街で10数年間の赤字から
たった1年で年商450万アップし黒字に
なった長崎の中華料理屋さん

・単価が3500円から5000円になり売上
50万アップのメニューブックを作った
東京の居酒屋さん

・2000円の高級食パンが2カ月待ちになり
月商350万から200%アップの月商700万
になった神戸のパン屋さん

・看板を変えただけで翌日からランチの
平均売上150%アップした東京の和食屋さん

・売上は変わらないのに、2カ月後には利益を
毎月100万アップさせた名古屋のお弁当屋さん

など、売上を伸ばしているお店が
やっている秘密を公開中!
詳しくはこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/oghg/taishoulp/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆