マインドセット

時間効率を求めるなら「やること」より「やらないこと」

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

今日は集客大将塾のセミナー開催日です。

セミナーテーマは「映える写真撮影術」
について話しをします。

写真のセミナーは何度か開催している
のですが、その度に会員さんのアップ
している写真が美味しそうになるのを
見るのが楽しみです♪

そしてこのセミナーの参加者から、
「見ているだけでお腹が空いてくる!」
と言われます。

それだけ視覚情報から脳に「食べたい!」
という欲求が伝わっているんですよね。

あなたもお客さんの脳を刺激する美味し
そうな写真を撮っていきましょうね!

==================
今日のテーマは
「時間効率化を高めるには何をやるか
よりも何をやめるかが重要!」
==================

さてスマホのカメラ機能で
「タイムラプス」
というのを知ってますか?

簡単に言うと早送りの動画が撮れる
機能なんですよね。

それを使って勉強風景を撮っている
だけで、成績が上がった学生さんが
います。

*こんな感じの動画です↓
https://www.youtube.com/watch?v=BBoIfAW1kZM

ではなぜこんな動画を撮っているだけで
成績が上がると思いますか?

答えは単純です。

この動画を撮っている間はスマホを
いじることが出来ないからなんです。

つまり最近の子はスマホを小まめに
触ってしまいます。

スマホがないと落ち着かない・・・。
なんて人もいますよね。

なのでスマホを強制的に触れなくして、
集中する時間を作ったわけです。

私も集中して仕事をしたい時には
スタバなどのカフェに行きます。

そうすると周りに余計なものがないので
集中して仕事が出来るため、捗り方が
違います。

よく会員さんやクライアントさんに
「販促をやっている時間がない・・・」
と言われます。

時間は皆等しく流れているので、その
時間をいかに効率よく使うかが重要です。

となると、今回のスマホの話しでも
分かるように、やることよりも手放す
ことを決めるのが先なわけです。

なのでまずは自分の1日の行動の中で
何が不必要なのかを思い返してください。

あるクライアントさんの話しだと、インスタ
のコメントを返すのに時間を取られていま
した。

コメントが入ったら直ぐに返す・・・。
と繰り返していたそうです。

そこでその返信する時間を21時なら
21時と決めました。

するとスマホを気にする時間も無くなり
返信もまとめて出来るので、時間に
余裕が生まれたんですよね。

是非やらないことを決めてみて下さい。

まずは1日1時間の余裕を作って下さい。

そしてその時間を売り上げに直結する
ことだけに使ってみて下さい。

それだけで気付けば繁盛店の仲間入り
になっていきますよ。

あなたなら頑張れます!
応援しています!
お互いに頑張っていきましょう!
「集客大将塾」 布施裕之

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
・人口7000人の街で10数年間の赤字から
たった1年で年商450万アップし黒字に
なった長崎の中華料理屋さん

・単価が3500円から5000円になり売上
50万アップのメニューブックを作った
東京の居酒屋さん

・2000円の高級食パンが2カ月待ちになり
月商350万から200%アップの月商700万
になった神戸のパン屋さん

・看板を変えただけで翌日からランチの
平均売上150%アップした東京の和食屋さん

・売上は変わらないのに、2カ月後には利益を
毎月100万アップさせた名古屋のお弁当屋さん

など、売上を伸ばしているお店が
やっている秘密を公開中!
詳しくはこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/oghg/taishoulp/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆