写真の撮り方

販促に欠かせない美味しそうな〇〇

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

東京都がまた再び警戒を呼び掛ける
「東京アラート」が発令されました。

で、東京アラートって何?と思ったん
ですが、みんなで気をつけましょうね!
的な感じです。

なので特に何かが変わることはないの
ですが、日本人の凄い所は罰則がなく
ても、基本的にルールを守る人が多い
ということです。

お店でも独自のハウスルールなどが
ある所も多いと思います。

そうしたハウスルールも書いてあるだけ
でも、ルール通りに行動してくれます。

ただ逆に書いてないことはやってもいい
と思っている人が増えているのも確か
なので、その辺りの空気を読むって感覚
は無くなってきているのかもしれない
ですね。

==================
今日のテーマは
「美味しそう!と感じるのは視覚情報が
ほとんどである」
==================

さて看板などを作っていて、なかなか
効果が出ないな・・・と思った時には
【写真】を見直してみて下さい。

今の世の中って情報が溢れまくって
います。

ネットが普及されている現代では
江戸時代の1年分の情報量をたったの
1日で得ることが出来ると言われています。

そんな情報多可の現代人は自然と必要な
情報と不必要な情報を瞬時に見極める
ことが出来るようになっています。

あなたもきっと目に入る情報全てを細かく
調べたり確認したりしていないですよね?

つまりほとんどの情報は受け流している
状態なのです。

そんな中で文字ばかりの看板やチラシを
見て、自分に必要だと判断出来るでしょうか?

実際に街を歩いていても、きっと目にも
留まらないで、素通りしている看板は
沢山あると思います。

では逆に目に留まる看板は?というと
【美味しそうな料理写真】がデカデカと
載っているものがほとんどです。

実際に集客大将塾でも、看板の写真を
変えただけで、集客の効果が目に見えて
変わっている人がほとんどです。

また写真は看板だけでなく食べログや
チラシなどにも当然使えます。

ある会員さんはプロに撮ってもらった
写真を食べログにアップしただけで
閲覧数が130%アップしたことがあり
ます。

しかし写真を撮るということ自体を
苦手としている方は多いです。

というより、写真に対してそこまで
関心がないんですよね。

せっかく美味しい料理を作っているのに
この写真じゃ逆効果になるのでは・・・?
というお店もあります。

私もそんな逆効果の不味そうな写真だった
ので、プロのカメラマンが行っている
教室に行って学んできました。

カメラは別に一眼レフなどの高価なもの
でなくても大丈夫です。

もちろんあるに越したことはないですが、
今だったらスマホのカメラでも十分に
美味しそうな写真は撮れます!

そんな美味しそうな写真を撮るのコツを
明日紹介したいと思いますので、見逃さず
にメールを楽しみにしていてください!

あなたなら頑張れます!
応援しています!
お互いに頑張っていきましょう!
「集客大将塾」 布施裕之

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
・人口7000人の街で10数年間の赤字から
たった1年で年商450万アップし黒字に
なった長崎の中華料理屋さん

・単価が3500円から5000円になり売上
50万アップのメニューブックを作った
東京の居酒屋さん

・2000円の高級食パンが2カ月待ちになり
月商350万から200%アップの月商700万
になった神戸のパン屋さん

・看板を変えただけで翌日からランチの
平均売上150%アップした東京の和食屋さん

・売上は変わらないのに、2カ月後には利益を
毎月100万アップさせた名古屋のお弁当屋さん

など、売上を伸ばしているお店が
やっている秘密を公開中!
詳しくはこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/oghg/taishoulp/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆