実践販促

直ぐに出来る新規集客はなにか?

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

6月に入り東京都の規制も色々と解除を
されてきました。

映画館やジムも再開されて、学校も全員
ではないですが、登校しています。

まだ解除するには早いんじゃないか?
という声もよく聞きますが、結局は
結果論でしかないので、やってみない
と分からないです。

商売も一緒で、「コレどうかな?」と
悩んでても答えはいつまで経っても
見つからないです。

やってみて、結果が出たことに対して
しか、対策は立てようがないです。

まずは何事も行動してみて、それからの
反応をしっかりと見ていきましょうね。

==================
今日のテーマは
「直ぐに出来る新規集客はなにか?」
==================

さて徐々に街に人手が戻ってきたら
新規集客をしていきたいところです。

ただ新規集客をするのに、チラシなどを
作るには、慣れていないと時間が掛かり
ます。

そこで簡単で直ぐに出来るのが
【店前看板集客】です。

多くの人が買い物をする時には
「衝動買い」をするそうです。

何かを決めて買い物をする人は逆に
少数なんですよね。

つまりその場でその場で買うものを
決めているのです。

例えばスーパーなどでレジに並んでいて
その横にポンと置いてある商品を思わず
買ってしまう人は少なくないでしょう。

あれも買うつもりがなかったのに、
思わず目に入ったものを買ってしまう
衝動買いなわけです。

お店を選ぶのも一緒で、予約せずに
来る人は、たまたま通ったお店の前で
何かに惹かれて入店している人が多い
です。

そのたまたま通った人がお店に入るか
どうかで売上を左右されてしまいます。

その入店の確立を上げるのが店前看板
です。

店前看板を作る時にはPOPのように紙に
文字や写真を載せたものをA型看板など
に張り付けるだけで十分に集客効果は
見込めます。

そして作る際に気を付けて欲しい
ポイントは大きく2つあります。

1つ目は歩いている人の足を止める
ための「足止め看板」

2つ目はお店の魅力を伝えて入店を
促す「集客看板」

この二つを分けて作るのがポイント
です。

多くのお店で看板は色々出していると
思います。

しかしそのほとんどが素通りされている
のが現実です。

つまり看板の存在自体が風景の1部と
化しているので、目に留まらないわけ
です。

そこで足止め看板は、大きな文字や
大きな写真で、まずは注目を集める
ことを目的とします。

そして2つ目の集客看板に、お店の
看板商品やお店の雰囲気を伝えて入店
を促していくわけです。

この二つを上手く作り分けるだけで、
入店の確立はグッと上がります。

これから人通りが徐々に増えると
思われます。

まずは看板を作り直して、集客率を
上げていきましょうね!

あなたなら頑張れます!
応援しています!
お互いに頑張っていきましょう!
「集客大将塾」 布施裕之

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
・人口7000人の街で10数年間の赤字から
たった1年で年商450万アップし黒字に
なった長崎の中華料理屋さん

・単価が3500円から5000円になり売上
50万アップのメニューブックを作った
東京の居酒屋さん

・2000円の高級食パンが2カ月待ちになり
月商350万から200%アップの月商700万
になった神戸のパン屋さん

・看板を変えただけで翌日からランチの
平均売上150%アップした東京の和食屋さん

・売上は変わらないのに、2カ月後には利益を
毎月100万アップさせた名古屋のお弁当屋さん

など、売上を伸ばしているお店が
やっている秘密を公開中!
詳しくはこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/oghg/taishoulp/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆