実践販促

販促の基本は「TTP」

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

昨日とある記事でコロナの影響で売れた
商品と売れなかった商品が紹介されて
いました。

売れた商品はマスク・消毒液などの
感染予防品がやはり売れています。

しかしその逆の売れなかった商品が
興味深いです。

その商品とは「化粧品関係」なんです
よね。

テレワークやマスクをしている人が
多かったため、女性の化粧品が伸び悩ん
でいるそうです。

男性用品でも制汗剤などが同じように
売れていません。

あと旅行に行く人がいないので、車など
に乗らないので「酔い止め」の薬なども
売れていないそうです。

一見すると関係ないように見える商品も
影響を受けています。

逆に言えば必要な商品は売れるわけ
ですよね。

商売人としてこういった売れる売れない
の理由も分析してみていきましょうね。

==================
今日のテーマは
「販促はTTPから入ろう!」
==================

さて昨日はPOPを書く時のポイントに
ついて話しをしました。

しかしそれでも紙を前にすると、実際に
はなかなか書けない人もいるでしょう。

そんな時には「TTP」が一番販促の
上達が早いです。

TPP(環太平洋経済連携協定)
じゃないですよ(笑)

TTP→「徹底的にパクる」です!

これはマーケティングの世界では常識に
なっています。

良いものはどんどんマネをすればいい
わけです!

販促に関してはほぼ著作権はないです。

もちろん写真やイラストの転用をしたら
著作権の侵害になります・・・。

では何をマネするのか?

・全体の配置のレイアウト
・言葉の使いまわし方
・大きさや形
・写真の構図
などなど売れてそうな販促を見つけたら
マネをしていきます。

これをせずに、いきなりオリジナルで
作ろうと思うから進まないし、反応の
取れない販促物が出来上がってしまいます。

私達はあくまで飲食店経営者であって、
販促のデザイナーではないです。

なので無理に人とは違うものを作る必要
はないわけです。

赤ちゃんが言葉を覚えるのに文法とか
を気にして覚えないですよね?

まずはお母さんが話している言葉をマネ
して徐々に意味を知り、言葉をしゃべれる
ようになるわけです。

料理だって最初は親方や先輩のやり方を
見て覚えますよね?

販促だって一緒です。

まずは見て覚えて、マネをして徐々に
何がいいのか?悪いのか?を体感して
いくことが大事なのです。

私も「コレいいな!」と思う看板や
POPがあると直ぐに写メをしておきます。

そして自分のお店の商品に当てはめて
作ったり、会員さんに共有をして教えたり
しています。

販促のマネをすることは決して恥ずかしい
ことではないです!

どんどんマネをして、販促の力をつけて
から自分なりのオリジナルを生み出して
いきましょうね。

あなたなら頑張れます!
応援しています!
お互いに頑張っていきましょう!
「集客大将塾」 布施裕之

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
・人口7000人の街で10数年間の赤字から
たった1年で年商450万アップし黒字に
なった長崎の中華料理屋さん

・単価が3500円から5000円になり売上
50万アップのメニューブックを作った
東京の居酒屋さん

・2000円の高級食パンが2カ月待ちになり
月商350万から200%アップの月商700万
になった神戸のパン屋さん

・看板を変えただけで翌日からランチの
平均売上150%アップした東京の和食屋さん

・売上は変わらないのに、2カ月後には利益を
毎月100万アップさせた名古屋のお弁当屋さん

など、売上を伸ばしているお店が
やっている秘密を公開中!
詳しくはこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/oghg/taishoulp/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆