POP

POP1枚で年間売上300万アップ!?

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

今日ようやく残りの都道府県も緊急事態
宣言が解除される見通しですね。

数か月もの間、皆それぞれの形で今までと
違った形での営業を強いられたと思います。

ただ今回の件で、切羽詰まればやれない
ことはない!ってことが体験できたと思い
ます。

多くの人は変化を嫌い、新しいことへの
挑戦には腰が重いです。

しかし切羽詰まってやらなければなら
ない!となれば、何でもやりましたよね?

この挑戦する心は忘れないでいて欲しい
です!

何事も前向きにチャレンジする経営者に
なっていきましょうね。

==================
今日のテーマは
「POPはどれぐらいの効果が見込めるか?」
==================

さて先週はまず販促を始めるならPOP
が一番適している!という話しをしま
した。

しかし、POPを書いたぐらいで売上には
然したる影響はないんじゃないか?と
思う人もいるでしょう。

ところがPOPだけでも売上がV字回復
したクライアントさんはいます。

なぜPOPで売上が上がるのか?
その辺りを今日はお話ししていきたい
と思います。

まず、POPを書くことで期待する効果
は「単価アップ」です。

500円の商品が売れるより600円の
商品が売れたほうが当然お店の売上は
アップします。

例えばラーメン屋さんで1日に100人
来るお店があったとします。

そのお店の1人当たりの客単価は
900円でした。

そうすると900円×100人で1日の
売上は9万円です。

1カ月25日営業だったら9万×25日
で225万なわけです。

このお店にトッピングの追加を促すPOP
を貼ったところ、煮卵やチャーシューなど
の追加が売れるようになり、単価が100円
上がったとします。

すると1日の売上は
単価1000円×100人=10万円
で、1カ月の売上は
10万×25日=250万円
となります。

つまり単価を100円上げるだけで、25万の
売上アップに繋がります。

これが1年間だったら
25万円×12カ月=300万円
もの売上アップです。

これは実際に私のクライアントさんでも
よくある数字の例です。

ただPOPを書くだけなので、ほぼ元手は
掛かりません。

しかし多くの人は
「100円ぐらいの単価を上げてもな~」
と思ったり
「100円ぐらい何もしなくても上がるよ」
などと考えたりします。

実際には行動した人だけが売上を着実に
伸ばしていきます。

たかが100円されど100円!その結果を
生み出すPOPは非常に優秀なわけです。

ただしただ単に何でも書けば効果が
出るというものではないです。

では明日は実際にどんなPOPを書くと
効果が出るのか?その辺りの話しを
していきたいと思います。

あなたなら頑張れます!
応援しています!
お互いに頑張っていきましょう!
「集客大将塾」塾長 布施裕之

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
・人口7000人の街で10数年間の赤字から
たった1年で年商450万アップし黒字に
なった長崎の中華料理屋さん

・単価が3500円から5000円になり売上
50万アップのメニューブックを作った
東京の居酒屋さん

・2000円の高級食パンが2カ月待ちになり
月商350万から200%アップの月商700万
になった神戸のパン屋さん

・看板を変えただけで翌日からランチの
平均売上150%アップした東京の和食屋さん

・売上は変わらないのに、2カ月後には利益を
毎月100万アップさせた名古屋のお弁当屋さん

など、売上を伸ばしているお店が
やっている秘密を公開中!
詳しくはこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/oghg/taishoulp/
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆