実践販促

売上を伸ばすお店の特徴とは?

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

今日の東京は朝から冷たい雨が降って
いて、肌寒いぐらいです。

愛犬たちも久々の寒さに暖を求めて朝
気付けば体をくっつけて寝ていました。

重くて動けないんですが、これがまた
可愛いんですよね。

今週はずっと天気がすぐれないみたいで
気温も下がると思います。

体調を崩しやすくなりますので、睡眠
など十分にとって体調管理をしっかりと
しましょうね!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・人口7000人の街で10数年間の赤字から
たった1年で年商450万アップし黒字に
なった長崎の中華料理屋さん

・単価が3500円から5000円になり売上
50万アップのメニューブックを作った
東京の居酒屋さん

・2000円の高級食パンが2カ月待ちになり
月商350万から200%アップの月商700万
になった神戸のパン屋さん

・看板を変えただけで翌日からランチの
平均売上150%アップした東京の和食屋さん

・売上は変わらないのに、2カ月後には利益を
毎月100万アップさせた名古屋のお弁当屋さん

など、売上を伸ばしているお店が
やっている秘密を公開中!
詳しくはこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/oghg/taishoulp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて販促をやるうえで大事なことが
1つあります。

この大事なことが出来るか出来ないかで
今後の結果は大きく変わります。

その重要なこととは
「まずはやってみる!」
ということです。

なんだ~そんなことか~
と思うかもしれませんが、これが意外と
出来ないんですよ。

というのも、多くの人がやる前に何か
しらの理由をつけて行動出来ないん
ですよね。

「それ他の店でダメだったと聞きました」
「昔やったけどダメだった」
「手間が掛かりすぎる」
「スタッフが理解してくれない」
「やる時間がない」
「やり方が分からない」
などなど今までに実際に私が聞いた
やらない理由です。

まだ沢山ありますが、やらない理由を
言うのは簡単です。

正直言ってやる・やらないは自由
なので、どちらでもいいです。

ただアレもやらない、コレもやらない
でも売上だけは上げたい!
というのは都合がよすぎです。

今現在コロナ禍でも売上が伸びている
お店が何もしないで伸びているわけ
ではないです。

どこやりも早くテイクアウトを始めて
業態を変えたり。

直ぐにチラシを撒いたりして、いち早く
行動をしています。

宝くじだって買うから当たる望みが
出て来るわけですよね?

宝くじを買わない人が
「宝くじ当たらないかな~」
と言っていたらどう思いますか?

そりゃあ当たるわけないでしょ!
と思いますよね。

行動しない人が売上を伸ばしたい
というのは、それと同じことなのです。

結局は行動した人のみに「結果」が
出てきます。

なのでまずは何事も行動してみる
ことが大事なのです。

ただここで行動するのも躊躇する気持ち
は凄く分かります。

例えば
「チラシを1万枚撒いてみよう!」
とチラシをやった事ない人が言われると
「1万枚も撒いて誰も来なかったら
どうしよう・・・」
と思いますよね。

そこで行動を起こすためには、まずは
「小さくテスト」をすることです。

例えばこのチラシでいうなら1000枚
から始めてみるということです。

1000枚ぐらいならスタッフと自分が
頑張れば、合間時間だけでも2~3日間
で撒けれます。

すると1000枚でも反応は見ることは
十分に出来ます。

チラシの反応率は1%あれば上出来なので
1000枚で10組くれば上出来のチラシです。

こうして1000枚で10組来るのが実体験
出来れば、1万枚撒けば100組来るのが
予想を立てられるわけですよね。

1度行動すれば次の行動までは早く
動けるようになります。

やった事がないものに対しては、ゼロから
行動するのに物凄くエネルギーを使うん
ですよね。

なのでまずは何事も小さくテストをして
いき、反応を見ながら改善をする。

この繰り返しで徐々に直ぐに行動を起こ
せるようになっていきましょう!

あなたなら頑張れます!
応援しています!
お互いに頑張っていきましょう!
「集客大将塾」塾長 布施裕之

集客大将塾
http://migiudehanjoyu.com/oghg/taishoulp/