コンセプト設計

街に欠かせないお店になるためには?

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

私は毎朝愛犬を2頭引き連れて1時間以上
散歩をするのが日課です。

大型犬が2頭なので合わせると70キロほど
になります。

その2頭がグイグイと引っ張り出すと
もう大変です(笑)

そのおかげで靴が直ぐにボロボロになって
しまうんですよね・・・。

で、先日テレビで「ワークマン」の
靴が安くていい!というのがやって
いました。

ワークマンって知ってますか?

もともとは作業着などを売っている
いわゆるガテン系御用達のお店です。

それが今、アパレル業界を揺るがす
存在になっているんですよね。

私も実際に靴を買いに行くと、安いし
しかも元々作業用なのでしっかり作ら
れているものが多いです。

そして、そこにお洒落なものを徐々に
増やしています。

そうすると、今までは作業着屋として
見られていたお店が、徐々に洋服屋として
認知されていきます。

こうすることで、ガテン系しかいなかった
客層が、一般のお客さんが入ってきます。

つまり客層の裾野が広がるわけです。

こうした変化は今後も必要になっていき
そうですね。

ちなみに私は無事にお散歩用の靴を
ワークマンで購入できました!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・人口7000人の街で10数年間の赤字から
たった1年で年商450万アップし黒字に
なった長崎の中華料理屋さん

・単価が3500円から5000円になり売上
50万アップのメニューブックを作った
東京の居酒屋さん

・2000円の高級食パンが2カ月待ちになり
月商350万から200%アップの月商700万
になった神戸のパン屋さん

・看板を変えただけで翌日からランチの
平均売上150%アップした東京の和食屋さん

・売上は変わらないのに、2カ月後には利益を
毎月100万アップさせた名古屋のお弁当屋さん

など、売上を伸ばしているお店が
やっている秘密を公開中!
詳しくはこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/oghg/taishoulp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて先月の中頃に私の家に太陽光を設置
するために、工事業者さんが来ました。

5~6人で来ていて、暑い日だったので
差し入れに嫁さんと飲み物を買いに行った
んですよね。

で、私は若い人(20代前半)ぐらいの人が
多かったので、炭酸系(コーラ・ファンタ)
とスポーツドリンクなどを選んでいました。

すると嫁さんは
「今時そんなの飲まないでしょ?
お茶とかにしたほうがいいんじゃない?」
と言ってきたんですよね。

じゃあ多めに10本ぐらい買って半々ずつ
にしようってことで差し入れしました。

当然多めに買ったので余るんですが、
残ったのは全部お茶でした。

それを見て嫁さんは
「若い子は甘いのとか炭酸が好きなんだ」
というのが分かったんですよね。

これって自分の感覚を相手も一緒だと
思っているから、若くてもお茶を選ぶ
だろうと考えてしまいます。

こうした事は飲食店でもよくあること
なんですよね。

自分自身で
「美味しいからこれは絶対に売れる!!」
と思って商品にしているのに、思ったほど
売れないことってないですか?

もちろん売り方自体にに問題がある
場合もあります。

しかし自分が好きとか、自分が美味しい
とどれだけ思っても、お客さんがそれを
求めていなければ売れないです。

商売って需要と供給のバランスが大事
なのは分かりますよね?

今回のコロナ禍でマスクが売り切れたり
高額になったのは需要が高まって供給が
追い付かなかったからですよね。

飲食店でも需要がないものを一生懸命に
売っても売れるわけがないのです。

なので商圏内でいくら他にやっている人が
いないと言っても、求められてない商品を
売ってはダメなのです。

大切なポイントは3つあります。
1・商圏内にいる見込み客はどんな人が
多いですか?
2・その見込み客はどんな商品を求めて
いますか?
3・求められているのに商圏内にない
商品はなんでしょうか?

商品を決める時にはこの3つのポイント
から考えて決めると、売れる商品が作れる
ようになりますよ。

あなたなら頑張れます!
応援しています!
お互いに頑張っていきましょう!
「集客大将塾」塾長 布施裕之

集客大将塾
http://migiudehanjoyu.com/oghg/taishoulp/