なぜ儲からないか?

小さな飲食店がこの時代を生き残るには?

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

大型チェーン店で知られる鳥貴族の
4月の前年対比がマイナス96%と
驚愕の数字が出ていましたね。

約400店舗ほどあるそうなので、
赤字の金額も30億ほどではないか?
と予想されています。

鳥貴族では現在ではコロナ禍で休業する
という選択肢を取りました。

なので家賃や人件費などの固定費は出て
いく一方で、収入は全くない状態です。

今個人店でも店内飲食からテイクアウト
やデリバリーに切り替えているお店が
増えていますよね。

こうした業態の変化は今後は、もっと
求められていきます。

確かに1つのことをやりながら、同時に
他のことをやるのは非常に大変です。

しかし今回の鳥貴族を見ていても、変化
が出来ないと収入が全くない状況に陥る
可能性もあり得るわけです。

物事が起きてから変化をするよりも、
そもそも備えているお店の方が圧倒的に
有利なことは間違いないです。

店内での飲食の他に
・テイクアウトをやる
・宅配サービス
・通販で売る
・1店舗で多業態の営業
・小売販売
・スクール事業
などなど飲食店でも色々な可能性が
あります。

自分のお店に必要な変化は何か?
出来る・出来ないで判断せずに
色々なことにチャレンジして
いきましょうね!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・人口7000人の街で10数年間の赤字から
たった1年で年商450万アップし黒字に
なった長崎の中華料理屋さん

・単価が3500円から5000円になり売上
50万アップのメニューブックを作った
東京の居酒屋さん

・2000円の高級食パンが2カ月待ちになり
月商350万から200%アップの月商700万
になった神戸のパン屋さん

・看板を変えただけで翌日からランチの
平均売上150%アップした東京の和食屋さん

・売上は変わらないのに、2カ月後には利益を
毎月100万アップさせた名古屋のお弁当屋さん

など、売上を伸ばしているお店が
やっている秘密を公開中!
詳しくはこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/oghg/taishoulp/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さてこのメルマガを読んでいる人の多くは
個人経営者か数店舗規模の経営者の方が
ほとんどだと思います。

冒頭に話したような鳥貴族のような
大型チェーンの経営者さんは、きっと
読んでくれていないでしょう!笑

で、私が主催している集客大将塾はその
小さな飲食店を経営している経営者さん
向けのグループです。

なぜなら私自身がそうだからです。

私は8年ほど前に東京で8坪ほどの居酒屋
を買い取ったところから経営者として
スタートしました。

独立するまでに私は色々な飲食店を
巡って働いていました。

割烹料理や寿司からフレンチなど10店舗
ぐらいは働きました。

そしていざ始めた念願のお店は2年も経たず
に赤字のお店に・・・。

そんなことがあり、初めて私は飲食店経営
の大変さを思い知ったわけです。

それまでは料理と接客さえちゃんとしてれば
自ずとお客さんは増えるものだと思っていま
した。

ところが蓋を開けてみれば、お客さんは
どんどん減る一方で、みるみるうちに赤字に
なってしまいました。

その時には何がダメなのかすら分からずに
ただただ今まで通りに一生懸命に働くこと
しか出来ませんでした。

こうなるとダメなのは場所のせいにしたり
今のコロナのように世の中のせいにして
いたわけです。

当然ですがそんなもののせいにしても、
事態が好転することはないです。

そこからようやく飲食店経営について
真剣に考えだして、色々なものを学んで
いきました。

飲食店を経営しているとどうしても
足りないのは、料理の味だったり接客の
質だと思い込んでしまいます。

もちろんそれらも大切なことです。

しかしそれ以上に飲食店に足りないものが
「売り方」なんですよね。

飲食店はあくまで商売なので売り方が
分かっていなければ、どんなに味が良く
ても、接客が良くてもお客さんは来てくれ
ないわけです。

小さな飲食店だからこそ生き残るには
売り方を学ぶことが大切です!

これから改めて大将流として、小さな飲食店が
生き残れる道の話しをこのメルマガを通じて
お届けしたいと思います!

あなたなら頑張れます!
応援しています!
お互いに頑張っていきましょう!
「集客大将塾」塾長 布施裕之

集客大将塾
http://migiudehanjoyu.com/oghg/taishoulp/