コンセプト設計

今こそ基本に立ち返ろう!

おはようございます!
集客大将塾の布施です。

緊急事態宣言が予想通り延長される見通し
ですね。

最終的に判断するのは国や自治体の首長の
方々ですが、ある程度先の予想をしておく
ことは大事です。

今回もコロナ禍なんてすぐに終わるん
じゃないか?と希望的観測をもって
商売をしていた人と

人が出なくなって長引くんじゃないか?
と思って次の対策を早めにしていて人では
今現時点の結果が違っているでしょう。

経営者としてある程度の先の予測を
していき、そのための準備を進めて
いくことが今は本当に大切ですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さてまだ少なくても1カ月続くこの
緊急事態宣言の状況下に対して、我々
飲食店は何が出来るのか?

と考えても、結局は飲食店がやる対策自体
は普段と何ら変わりはないです。

もちろん店内での飲食は減っています。

なのでテイクアウトや出前を強化して
いってると思います。

しかし対策自体は大きく分けると
1・お客さんのニーズが高い商品を作る
2・宣伝広告で知ってもらう

この2つだけです。

まずはテイクアウトだからといって
ただ単にお弁当にすればいいって
わけじゃないですよね。

今ならお弁当なら何でも売れる!
っていうわけじゃないです。

お弁当だって
「それ美味しそう!!」
と思われなくては当然買っては
くれません。

また
・冷めても美味しい
・レンジ対応の容器で温められる
・注文後出来立てを作る

など、お弁当でもウリのポイント
が変わってきます。

他にもお弁当にこだわるのではなく
今は「家飲み」が増えていますよね。

なので夜のニーズとしては、お弁当の
食事よりも「つまみ」が色々入ってる
オードブルなのかもしれません。

また家からあまり出ない人のために
「日持ち」する料理が求められて
います。

こうした今のお客さんのニーズに
合わせた商品作りが大事です。

そして今は外に出ないのですから
店の中だけでPOPなどで新商品を
紹介しても誰も気づきません。

POPはあくまでも店内に来たお客さん
に伝えるツールです。

なので店内に来る人が減っているのに
一生懸命POPで知らせようとしても
販促のミスマッチなわけです。

なので今新商品を伝える手段は
・店前看板
・チラシ
・食べログなどのポータルサイト
・Googleマイビジネス
・ハガキDM
・LINE
などなわけです。

こうして考えると、普段やっている
対策と変わりはしないわけです。

ただ今のお客さんのニーズは確実に
変わっているので、それに商品を
合わせていくだけです。

あまり難しく考える必要はないです。

お客さんが今なら何を望んでいるのか?
どうやってそれをお客さんに伝えるのか?

この2つだけを考えて行動して
いきましょうね!

あなたなら頑張れます!
応援しています!
お互いに頑張っていきましょう!
「集客大将塾」塾長 布施