コンセプト設計

結果の出ない目標設計とは?

おはようございます!
集客大将塾の布施です。

今日の国会で持続化給付金に関する法案
が成立しそうですね。

これによって前年対比で売上が半減してる
企業には200万まで支給をされます。

私のお店は都心なので住んでいる人より
もサラリーマンが断然多い街だけに、全く
人がいなくなり、実際に売上は半減どころ
ではないです・・・。

支給日もかなり早くなるみたいなので、
早々に申請をしていこうと思っています!

詳しくい内容や制限を知りたい方は
こちらをご覧下さい↓
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin.pdf

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さてゴールデンウィークという名の
ステイホームウィークが始まりましたね。

出来るだけ外に出ずに、自宅にいましょう!
ということで、近所の都立公園も
駐車場は封鎖されています。

今国民全員に8割の接触をなくして
いこうということを目標に自粛を
呼びかけています。

しかし、ここで気になるのはいつまで
その8割の接触削減をしていくのか?
ですよね。

今は漠然と8割人に会うのをやめて
行こうっていう話しだけで、最終的な
ゴールが全く明示されていません。

なので、なんとなく出掛けてしまう人も
出て来てしまいます。

これって商売でも同じことが言えます。

目標を立てることは大事なのですが、
その目標自体が意味がないことも
あります。

例えば
【顧客名簿を一日10件増やそう!】
という目標を立てても、
・その顧客名簿をいかに活用するのか?
・その顧客名簿からどれだけの売上を
見込んでいるのか?
の方が重要です。

なので最終的な目標は
・顧客名簿を100人集める
・月に1回のはがきDMを送る
・反応率は20%
・20組のお客さんに来てもらう
・1組あたり2人は来てもらう
・単価は2000円

となると、ハガキからの最終目標売上は
【8万円】になるわけです。

それを10日で達成したいから、
「1日10人の顧客名簿を取っていく」
ことが日々の目標になるわけです。

他にも「新メニューを作る」というのが
目標になってしまう人が料理人には
多いです。

あくまで新メニューを作る事によって
・単価を100円アップする
・顧客リストのお客さんに来てもらう
キッカケとしてLINEで送る商品
・プレスリリースをしてメディアに
取り上げてもらう
・目玉商品として新規客を呼び込む

など商品を作るときにも作った後の
目標が大事です。

以前の私自身がそうだったのですが、
料理人は料理を作ること自体が楽しくて、
「新作を作ろう!」という気持ちだけで
新メニューを作ってしまいがちです。

そうではなく商売として、その先にいかに
お客さんに喜んでもらって、来店をして
もらえるかを考えなければいけません。

つまり商売をしている以上はあくまで
目標は商売に結び付けて考えることが
大事です。

行動はしているのに結果が出なくて
悩んでいる時には、目標が商売に結び
ついているのを見直してみましょう!

あなたなら頑張れます!
応援しています!
お互いに頑張っていきましょう!
「集客大将塾」塾長 布施