POP

販促をゼロからやり直すときには?

こんにちは!
集客大将塾の布施です。

昨日は専属コンサルチームのミーティング
を行い、今日はこれから北海道の新たな
クライアントさんの元へ来ました!

今日の東京は最高気温18度、それに
対して今から向かう札幌はたったの4度。

この気温差を考えると、何を着ていくのか
が一番迷いますね・・・。

いざ北海道に着いてみると、当たり前
ですがやはり寒い!笑

体調を崩さないように気をつけつつ
今日も張り切ってお届けしていきます!

===================
POPで月商を15万・30万と着実に売上を
伸ばす
60日間マンツーマン指導の自宅学習プログラム
「価値の生み出し方」

「価値の伝え方」
を取得して、自在に売上を作るノウハウを
マスターしませんか?

在宅で実践できるPOPオリンピック2020
60日間チャレンジプログラムはこちら
から参加できます↓

https://haward-joyman.com/zhc/pop-olympic2020.html
===================
さて、コロナの影響を受けてお客さん
の入り方が今一つのところも多いと
思います。

こんな時に今から焦って新規集客をしなくちゃ!
なんて考えても正直言って厳しいです。

なので、こんな時にこそ先の事を考えて
3か月後、半年後に備えた方がいいです。

今空いている時間を使って、どんどん今後
の販促準備をしておくことで、忙しくなって
も継続的に販促がおこなえます。

普段忙しいのを言い訳に使って、販促が
疎かな人は多々います笑

「時間がない」は今は通用しないです!

では、何からしていくべきなのか?

ここはやはり初心に帰ってもらうのが1番です。

となると、やるべきは「POP」です。

「もうPOPは大丈夫だよ!」と思っている
人ほど、いつのPOPだか分からないのが
貼ってあり、周りがボロボロになっている
ものを貼ってませんか?

または売れてない商品なのに、貼ってある
ことに満足しているPOPはないですか?

もう一度POPを貼る意図を考えてみて
ください。

POPの意図は、
「POPを見たお客さんが、商品の価値を
感じてもらい、注文率を高めるもの」
ですよね?

そのために、まず初めに何をPOPで紹介
するのか?を考えてみてください。

なんでもいいから、ある商品をPOPで
紹介していませんか?

それだと「お店の価値」を感じてもらえ
なくなってしまいます。

商品を選択する時に大事なのが、
・お店の看板メニューで、食べて
もらうことで満足度を上げられる商品。
・注文が沢山入ることで、オペレーション
がスムーズになる商品。
・シメやデザートなど、追加が取りやすい
商品。
・メインが出るまでに、間を持たせる
提供の早い商品。

など、商品の選択する時にも必ず意図を
持って選ぶことが大事です。

まずは今ある商品と今貼っているPOPを
見直してみてください。

あとあと考えると、なんでこの商品を
POPにしたんだろう?なんてものが
あったりします。

意外とほったらかし気味なPOPを
見直す時間を、しっかりと取って
みませんか?

あなたなら頑張れます!応援しています!
「集客大将塾」塾長 布施

追伸
POPをゼロから学んでみたい!そんな
時にはこちらから↓
https://haward-joyman.com/zhc/pop-olympic2020.html