未分類

組み合わせ発想で新ヒット商品を!

おはようございます!
集客大将塾の布施です。

昨日は都内でも氷点下になって一気に
寒くなりましたね。

暖冬で暖かい冬に慣れてしまっている
と思うので体調管理には十分に気を付け
ましょうね!

それでは今日も張り切ってメルマガを
お届けしたいと思います!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さてあなたは商品開発をする時に、
なにから決めていきますか?

・お店のコンセプト
・お客さんのニーズ
・地域性
・他店との競合
・独自性

などなど、色々な要素を絡めて自分の
お店のメニューを決めると思います。

ここで気を付けて欲しいのが、
「お客さんが想像できないメニューは
作らない」
ということです。

どういうことかと言うと、自分独自の
調理法や、聞いたこともない食材を
使って「斬新過ぎる」料理は作っては
いけないってことです。

なぜならお客さんが想像できない時点で
それを「食べたい!」って欲求にさせる
ことは出来ないからです。

なのであくまでお客さんが想像できる範囲
での斬新な料理なら大丈夫っていうこと
です。

そんなことを考えたら新しいメニュー
なんて出来ないのでは?と思うかも
しれないです。

ただ「新しい」というのをどこに持って
行くかなのです。

一番簡単に斬新なメニューを作るのに
おすすめなのが「組み合わせ」です。

例えば「パン」って紀元前から存在していて
世界中で色々な形のものがあります。

そして「ハンバーグ」これも700年前ほど
から今とは少し違うけど、似たような食べ物
がありました。

しかし、それを合わせた「ハンバーガー」
の歴史は実は100年ほど前に誕生したばかり
なんですよね。

こうして今ある商品同士を組み合わせるだけ
でも、新しい商品を作る事は出来ます。

例えば
カツ+カレー=「カツカレー」
だって元々あったものの組み合わせです。

最近では
「シュー生地」+「あんこ」で
【シュー最中】なんてのもあります。

今世の中にある商品同士をくっつける
だけでも、新しい商品を生み出すことは
十分に出来ます。

なぜこの方法がいいのかというと、単純に
お客さんが知っているものなので、想像を
しやすいわけです。

あなたのお店のコンセプトを崩さず、かつ
分かりやすい商品は、実は今あるメニュー
の中に眠っているかもしれません。

是非探し出して、斬新過ぎないヒット商品
を作り出しましょう!

あなたなら頑張れます!応援しています!
億越え繁盛飲食店グループ改め
「集客大将塾」塾長 布施