販促初心者

文章を考えるのが苦手・・・。

おはようございます!
億越え繁盛飲食店グループの布施です!

昨日は本当に1日寒かったですよね。

関東でも雪になってるところがあった
みたいですね。。。

そして天候に左右されやすいのが
飲食店の悲しい所。

しかしこんな時にこそ、販促をやる
チャンスです!

時間は有限です。

限られた時間の中でどう行動するかで
今後のお店の行く末が変わります。

是非時間を無駄にしないで行動を
していきましょうね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて販促をする時に
「文章を作る」
というのは本当に大事です。

メニューブックに少しキャッチコピーを
入れたら売れるようになったり、

食べログのトップページの文章を変える
だけで閲覧数が伸びたりします。

しかし多くの人はこの文章を考えるのが
苦手です。

私も本当に苦手でじっくり考えて
「よし!これならいける!」
と思った文章が全く反応がない・・・
なんて事も多々あります。

なので大事なことは1度や2度反応が
なかったからと言って諦めない事です。

文章を書く専門の人を「コピーライター」
と言いますが、そんな専門職があるぐらい
大変な事なのです。

それを直ぐに上手に文章が書けるように
なれるわけがないのです。

とはいえ、なんのヒントも無しに文章を
考えてもいつまで経っても苦手なまま
になってしまいます。

何度もやる前提で次に大事なのは
「型」にあてはめてみることです。

料理にレシピがあるように文章も色々な
型が存在します。

つまり売れる文章の型があるわけです。

例えば多くの人がお店の良さを紹介
する時には、自分の事ばかり書いて
しまいます。

例えば
「朝6時から仕入れて仕込みに何時間も
掛けて作る、最高の料理をお楽しみ下さい」
という感じです。

これってちょっと見方を変えるとただの
自己自慢でしかないです。

お客さんの事を取り入れて文章を
作るには、「どんな使い方」が出来る
お店かを入れるのが一番です。

例えば
「大切な記念日に思い出に残る料理と
空間とは何か?を常に考えております。」
と書かれていたらどうでしょうか?

お客さんの事を凄く考えているお店に
感じませんか?

そして「記念日にはこのお店にしよう!」
と多くの人に思ってもらえるでしょう。

文章を書くことに悩んだら、お客さんが
どんな使い方で喜んでもらえるのか?
を一番に考えて文章を作ってみて下さい。

あなたなら頑張れる!応援しています!
億越え繁盛飲食店グループ 布施裕之