コンセプト設計

少しの違いが大きな結果を変える

おはようございます!
億越え繁盛飲食店グループの布施です!

今日はこれからセミナーを受けに行くため、
久しぶりにゆっくりと朝を過ごしました。

ここ最近は現場で休みなく働いていたので
体がボロボロです・・・。

しかし、どうにか形が出来上がってきたので
あとは販促を掛けるのみです。

色々試していきながら、皆さんに効果のあった
販促をお届けできるようにしますので、楽しみ
にしていてください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて販促を掛けるうえで一番重要なのは
「誰に」向けて販促をしているのかを意図
することです。

例えばPOPでもターゲットによって使う
言葉や雰囲気は変わってきます。

大きく分けるなら男性か女性かで伝わり方は
変わってきてしまいます。

「ガッツンと濃厚!」
とかのキャッチコピーは男性は反応しますが
女性はいまいち反応しないですよね?

「ふんわり食感の・・・」
とかなら女性は反応しやすくなります。

他にも
「メガ盛り!」
なら男性。

「少しずつが嬉しい♪」
なら女性。

と人によって反応するものが違います。

・あなたの商品はまず誰に売りたいのか?

・その売り方はターゲットに合って
いるのか?

この2点は非常に重要です。

特に男性経営者が女性に売りたいんだけど、
今一つ効果が出ないな・・・。と悩んでる
人はこの部分が非常に苦手な方が多いです。

ターゲットに合わせた販促方法を考えて
いきましょうね!

あなたなら頑張れる!応援しています!