2019年2月

◆繁盛店と暇な店の差は認知度にアリ◆

おはようございます!
億越え繁盛飲食店グループの布施です!

昨日は愛犬を連れて、千葉の鋸山に散歩に
行ってきました。

山頂は海も見えるので素晴らしい絶景だし
お寺もあるんですが、途中の100尺観音とか
は迫力もあり、素晴らしかったです!

2時間ほど山を登ったり下ったりして、
帰り道に私の一番の目的は
「孤独のグルメ」に出てきた店に行って
みる事でした!

しかし実際に行ってみると、小さなお店に
30人ほどの行列が出来ており断念・・・。

別のお店に行こうと思い、帰り道に漁港の
近くの広いお店に行ったらガラガラでした。

片や行列、片やガラガラ

決してそのガラガラなお店も味も悪くない
のに、この差は何でしょう?

お気づきだと思いますが「認知の差」です。

孤独のグルメなどのメディアにでて一気に
認知度が上がったわけです。

「いやいや食べログとかの点数がもともと
良かったんじゃないの?」
と思うかもしれませんが、そんなこと
ないです。

https://tabelog.com/chiba/A1206/A120603/12035117/
↑これがそのお店ですが、いたって普通の
点数ですよね?

お店を知ってもらうことで、繁盛店に
近づくわけです。

ただお店の存在を知るだけだったら
自分の店は何年もやってるし、皆が
知ってるはずだ!と思う人がいますよね?

確かに存在を知ってるだけの店は
あります。

逆に言えば、存在を知ってるだけで入った
ことない店の方が多い人の方が普通だと
思います。

商売で大事なのは来店してもらい、お金を
払ってもらうことです。

ココに至らないのであれば意味がないです。

では売上に繋がらない店は何が悪いのか?
そこについて明日話しをしていきたいと
思います。

あなたなら頑張れる!応援しています!