2019年2月

◆お客さんの事をどこまで考えてる?◆

おはようございます!
億越え繁盛飲食店グループの布施です!

今月からスタートした
「億越え繁盛飲食店グループ」
ですが、現在の所は師匠の会員さん
限定で集まっております。

そして来月からは他からの会員さんを
集めるために一般会員も募集を始めて
いきます。

そのために色々とやらなければいけない
事があるのですが、その1つとして
「成功事例掲示板」があります。

この掲示板はPOPやメニューブックに
チラシなどを会員さんが売上を伸ばした
成功事例のみをいつでも見れるサイトに
しています。

まずは私のお店や知り合いの方から
少しずつ事例を頂きながら、見やすい
形がようやく出来ました。

こうして会員さんには、自分が参考に
したいものが直ぐに探せることが、
非常に助かるわけですよね?

私からすれば会員さんはある意味
お客さんなのです。

なのでお客さんが喜ぶことを一生懸命に
考えています。

他にも遠方の方は中々セミナーに行きたく
ても、会場に来ることが出来ません。

そこでzoomと言ったテレビ会議システムを
使ってリアルタイムに参加出来る仕組みを
作ったりしています。

飲食店でも一緒でお客さんが喜ぶことを
していけば自然と売上も上がってきます。

利益を得るのはもちろん大事ですが、その
利益を得るために必要なのはお客さんの
存在があってこそですよね?

お客さんが飲食店に来て喜ぶのは、
美味しい物を出すだけではないです。

接客で明るい気持ちにさせたり、
居心地のいい空間でリラックス
させたりするのも、お客さんが喜ぶ
ことですよね。

お客さんの意見をなんでも聞けばいい
と言ってるわけではないです。

ただ気持ちはお客さんが喜ぶことを
考えていかなければいけません。

どうしても職人さんは美味しい料理さえ
あれば、お客さんは喜ぶと思いがちです。

それ以外の部分をどこまで考えてますか?

もしこの気持ちが抜け落ちてるなら
お店の存続は短いものになります。

自分のお店に足りないものを見直す
時間を是非作って下さいね。

あなたなら頑張れる!応援しています!