なぜ儲からないか?

単価を伸ばす鉄板のメニュー構成

集客大将塾の布施ひろゆきです。

昨日は年内最後のコンサルタントの仕事で、愛知の
ラーメン屋さんとzoomで個別コンサルを行いました。

あとはチャットを通じて細かな打ち合わせはあるものの
セミナーも個別コンサルも終わりました。

2021年も早いものであと少しで終わりですね。

今年も今までにやった事のないものにチャレンジして
きました!

投資の勉強を始めて、株やFXをやってみたり。

新しいビジネスのために神戸まで研修を受けに行ったり。

全く未知の世界に足を踏み入れています。

私が今回のコロナで学んだ大きなことは、今まで通りに
いくという補償は世の中には何一つないということです。

なので我々経営者は常にビジネスを成長させるために
努力をし続けなければいけないわけです。

私は世の中の飲食店が元気になれるように、少しでも力に
なれる努力をやり続けていきたいと思っています!

(本文後半はこちらです↓)

—————————————–
【年末の売上を最大化させる仕組みを作ってますか?】

年末は稼ぎ時!とはいえ何もしていないのでは、実は
思ったほど稼げません。
年末の売上を最大化させる仕組みを作りたいなら
こちらを覗いてみて下さい↓
https://migiudehanjyou.net/l/m/DyOWuK0USzi5EB
集客大将塾への参加は、今なら初月ワンコイン
で参加出来ます!
—————————————–

【↓後半の本文はここからです!↓】

*前回までの話しはこちらより読めます↓
https://migiudehanjyou.net/l/m/jBYULVixNXxzb5

さて単価を伸ばすために、私の会員さんやクライアント
さんの、ほとんどのお店が実践して成功している鉄板
の方法があります。

本当に昔からあるやり方なのですが、これで単価の上がら
ない店はほぼないのでは?というぐらい確実に単価が
伸びます。

その方法とは「松竹梅設定」です。

昔から鰻屋さんや寿司屋さんには「特上・上・並」とか
ありますよね?

まさにあれです。

ここでのポイントはいくつかあるのですが、一番大事なのは
3種類の価格帯を作るということです。

これは統計的にも出ているのですが、値段の高いものと安い
ものの2種類しかないと、多くの人が安いものを選びます。

例えば
海鮮丼A 1500円
海鮮丼B 1000円
だと多くの人が1000円を選ぶわけです。

ただこれが
海鮮丼A 3000円
海鮮丼B 1500円
海鮮丼C 1000円
になると、1500円の海鮮丼が一番多く注文されるようになり
ます。

そうすると間違いなく客単価はアップしますよね?

人は3種類の価格帯があると真ん中を選ぶ傾向にあります。

しかも一番高い価格の商品も作って置けば注文されるので
さらに単価は伸びます。

これはほぼどんな業態の飲食店でも3種類の価格帯は作る
ことが出来るし、しかも失敗をすることがほぼない、鉄板
の単価アップ法なのです。

ただもう1つ気を付けて欲しいのは、元々あまり出数の
少ないメニューでやっても全体の売上から見ると、ほぼ
効果はないです・・・。

なのでやるなら看板メニューでやることをおすすめします。

価格に関しては業態によって変わってしまうので、上記の
海鮮丼の例は、あくまで例えであると思っていて下さい。

自分のお店の看板商品をさらに単価の取れるものに
パワーアップさせて、単価アップをしていきましょうね!

今日のあなたも絶好調!
最後までお読みいただき有難う御座います。

—————————————-
↓バーチャルレストランって何?と思ったら↓
—————————————-
カンブリア宮殿でも紹介された次世代の
売上アップ法!

アルバイトでも出来る簡単調理で売上
アップをしていきたい方はこちら↓
https://migiudehanjyou.net/l/m/Ddmhvs8oYF2fkn
A店(奈良)⇒月商98万円アップ
B店(沖縄)⇒月商78万円アップ
C店(東京)⇒月商47万円アップ
など参加店舗が本業の店舗とは別に売上を
伸ばしています!

「集客大将塾」 布施ひろゆき