LINE活用法

今最も飲食店にハマる再来店対策とは?

集客大将塾の布施ひろゆきです。

昨日は新しく飲食業以外のビジネスの話しを
聞くために、名古屋でのコンサルの後に神戸
まで来ました。

今日はお昼前までに滋賀県の草津でヴァーチャル
レストランのオープンフォローに行ってきます!

私が飲食店以外にも商売を探しているのは、先日
また緊急事態宣言が伸びたように、これから先の
飲食店への不安があるからです。

今働いてくれているスタッフも飲食店以外では
働いたことがない者もいます。

まあ実際に私自身も学校を卒業してからは飲食業
以外のことをしたことがないです・・・。

なので飲食業界がこのまま不安だらけだと、先が
見えてこないわけです。

そのためヴァーチャルレストランもそうですし、
飲食業とは全く別の商売も視野に入れているわけ
です。

経営者は自信を持って現在の商売をやることも大事
ですが、さらに先を見据えておくことも必要です。

今回のコロナはそうしたことを気付かせてくれる
いいキッカケとも言えます。

飲食店でお酒が出せなくなるとは誰も考えていなかった
わけです。

まさに何が起きるか分からない世の中です。

「備えあれば患いなし!」経営者として先を見据えた
行動もしていきましょうね!

(本文後半はこちらです↓)

—————————————–
【年末にLINEで100万売上を上乗せしませんか?】

LINEで実際に効果のあったメッセージの送り方
を大公開します!
おせちが1日で100万円分売れたLINE必勝法に
興味がある方はこちら↓
https://migiudehanjyou.net/l/m/cqqMOJXScUbn9q
集客大将塾への参加は、今なら初月ワンコイン
で参加出来ます!
—————————————–

【↓後半の本文はここからです!↓】

さて商売において再来店対策は必須である
ことを話しをしました。

では実際に再来店対策にはどのようなものが
あるでしょうか?

実は再来店対策でやれることはそんなに数は
多くないです。

実際に飲食店で使えるものとしては
・ハガキDM
・メルマガ
・LINE公式アカウント
・ポイントカード
・SNS(Facebookやインスタなど)
などです。

この中でSNSなどを頑張っているお店もありますが
最初に頑張るべきところとしては不正解です。

なぜならSNSは発信をしたからと言って、必ずしも
フォロワーが見てくれるものではないからです。

SNSはフォロワー自体がそのSNSを立ち上げないと
どんな投稿がされているかは分からないですよね?

それにそもそも全ての投稿が表示されていないです。

沢山フォローをしている人だと、その人が頻繁に
反応している人の投稿以外は表示もされない仕組み
になっています。

つまりSNSの投稿を見るのは一部の人であり、また
リアルタイムで見てくれる人はさらに限られた人しか
見ていないということです。

ただし、お店のフォロワーが千人を超えていて1万人
や2万人いれば話しは別です。

結局は確率論なのでそれぐらいの数のフォロワーが
いれば、反応してくれるお客さんは出て来ます。

なので、それぐらいの数のフォロワーがいないので
あれば優先順位は低いということです。

なので私が勧めるのは、こちらからお客さんへ半強制的
にお知らせが届くツールがお勧めです。

なので再来店対策としては
「ハガキDM」
「メルマガ」
「LINE公式アカウント」
の3つがお勧めしています。

それぞれに一長一短があります。

まずハガキDMは反応率がメチャクチャ高いです。

お店によっては20%以上の反応率を取っている
お店さんもあります。

緊急事態宣言前の7月にクライアントさんで
ハガキDMを使い150万売上アップした強者も
います。

なのでハガキDMも使い方次第で十分に売上アップ
をさせることが出来ます!

ただしハガキDMはある程度の客単価があるお店に
向いています。

というのも、ハガキ1枚出すのに印刷代などを
入れると70円ぐらいします。

そして反応率が高いと言っても、5枚に1組なので
350円で1組の来店となります。

となると1000円以下の客単価のお店だと、利益率
が20%とした時に、下手すると販促赤字になるかも
しれないわけです。

なので単価が3000円以上で1組当たり2名以上は来る
お店に向いていると言えるでしょう。

忙しくなっても利益が出ないんじゃ意味ないですからね。

ただ逆に言えば単価が高いお店などにとってはハガキDM
は凄く役立つツールなわけです。

そして次にメルマガとLINE公式アカウントです。

この2つは長所と短所が似ています。

まず長所としては販促費用が安いです。

メルマガは3000円ぐらいから始められるシステムがあるし
LINE公式アカウントは最初は無料で始められますし、
2~3000人ぐらいまでは5000円のプランで十分です。

なので1件辺りの金額がメチャクチャ安いんですよね。

ただし反応率はあまり高くないです。

その原因としては、沢山のお店がメッセージを出している
から、そもそも読んでない可能性があります。

ハガキDMの反応率が高い要因として、今の人ってハガキを
送ったりあまりしないですよね?

なので特別感があって、見てもらえる可能性が高いわけです。

メルマガなどはその真逆に位置していると言えます。

しかしメルマガもLINEもプッシュ通知なので、届けばお知らせ
が行くのはSNSと違った利点です。

ただメルマガに関してはメールが段々と届かない世の中に
なっています・・・。

私のこのメルマガも登録している人全員に届いていないです。

というのも迷惑メールが増えすぎて、メールのブロック率が
日に日に上がっています。

なので一斉配信を使ったツールが、昨日まで届いていたけど
急に届かなくなる・・・、なんてことが日常茶飯事なのです。

そこはLINEが強い所で、基本的にお客さん側がブロックしない
限りは到達率は100%です。

もちろん開封するかは別問題ですけどね。

なので飲食店をやられている方には今私はLINE公式アカウント
をオススメしています。

ただしLINE公式アカウントは配信制限があるので、友だちが
増えるほど費用は上がります。

それに対してメルマガはほとんど会社で配信制限はないので
登録者が増えても費用は変わらないです。

とこのように全てのツールにおいて、一長一短は必ずあります
ので自分のお店に合ったやり方をするのが一番です。

ただ現在私の会員さんやクライアントさんが成果を確実に
出しているのはLINE公式アカウントなので、明日からは
実際にどうやって成果を上げているのか事例を踏まえて
話しをしていきますので楽しみにしていて下さい。

今日のあなたも絶好調!
最後までお読みいただき有難う御座います。

—————————————-
↓ヴァーチャルレストランって何?と思ったら↓
—————————————-
カンブリア宮殿でも紹介された次世代の
売上アップ法!

アルバイトでも出来る簡単調理で売上
アップをしていきたい方はこちら↓
https://migiudehanjyou.net/l/m/cqqMOJXScUbn9q
A店(奈良)⇒月商98万円アップ
B店(沖縄)⇒月商78万円アップ
C店(東京)⇒月商47万円アップ
など参加店舗が本業の店舗とは別に売上を
伸ばしています!

今週末に滋賀県で新規オープンします!
どんどん仲間が増えていくのが楽しいです♪

「集客大将塾」 布施ひろゆき