メニューブック

年商1000万アップさせるメニューブック

おはようございます!
集客大将塾の布施裕之です。

今日はこれから大阪でヴァーチャル
レストランの新店舗がオープンするため
サポートに行ってきます。

大阪の岸和田ってところなのですが、
私の嫁さんが昔住んでいた所らしく
その話題で昨日は盛り上がっていました。

そして翌日は大阪でセミナーがあるため
今日はそのまま梅田に泊まって勉強をして
から東京に帰ります。

新店舗のオープンもセミナーも、両方
ともに楽しみで、週頭からワクワク
しながら大阪に向かいます!

(本文後半はこちらです↓)

—————————————-
↓ヴァーチャルレストランって何?と思ったら↓
—————————————-
カンブリア宮殿でも紹介された次世代の
売上アップ法!

アルバイトでも出来る簡単調理で売上
アップをしていきたい方はこちら↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/vr-b
A店(奈良)⇒月商98万円アップ
B店(沖縄)⇒月商78万円アップ
C店(東京)⇒月商47万円アップ
など参加店舗が本業の店舗とは別に売上を
伸ばしています!

本日大阪にて新オープンします!
大阪は初なのでこれからが楽しみです♪
【↓後半の本文はここからです!↓】

さてあなたのお店では、お客さんから
料理について、よく質問をされたり
しませんか?

「この料理はどれぐらいの量ですか?」
とか
「コレはどんな味ですか?」
とか
「オススメは何ですか?」
などなど、これらはよく質問される
ことが多いと思います。

質問されるからコミュニケーションが
取れていいな~なんて思っている人も
いますが、実はコレは色々と損をして
います。

質問されるということは、スタッフの
時間を取られるので、人件費が上がり
ます。

また質問してくれる、お客さんならまだ
いいのですが、聞かないお客さんは
どれがオススメか分からないまま注文
をしてしまいます。

その結果お店の魅力が十分に伝わらない
まま、お客さんは帰ってしまい、満足度
は当然下がるわけです。

他にも
・バラバラに注文が入りキッチンが
いつもバタバタしてしまう。
・出ないメニューが存在して食材が
ロスしてしまう。
・安いメニューばかり出て単価が低い。

などなどの問題が出てきます。

これらは全て
「メニューブック」
に問題があり、逆に言えばメニューブック
を改善することで解決が出来ます。

私のお店は席数が20席ほどの小さな
お店です。

そのため単価が低いと売上の上限は
直ぐに見えてしまいます。

それがメニューブックを変えたことで
客単価3800円ほどのお店が、5000円
までアップしました。

そのため席効率90%だとして、約18名
のお客さんが入ると
18名×3800円=68400円
が以前までは1回転では限界の売上でした。

それが単価が5000円になったので、
18名×5000円=90000円
と約130%も売上が伸びました。

1日の売上で言うと21600円です。

もちろん毎日が綺麗に満席になるわけ
でないので、計算通りにいかないですが
月商でも80万はアップしました。

つまりメニューブックを変えることで
年間で言えば1000万近くの売上アップも
可能です。

そんなことあるのか?と思うかもしれ
ませんが、実際に私のお店では売上を
大きく伸ばせました。

明日からはそんな売上を伸ばすメニュー
ブックのコツをお伝えしていきたいと
思いますので、楽しみにしていて下さい。

今日のあなたも絶好調!!
最後までお読みいただき有難う御座います!

—————————————–
年間1000万の売上を伸ばすメニューブック
を作りたい人はこちら↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/vr-b
今なら初月ワンコインで参加出来ます!
—————————————–

「集客大将塾」 布施裕之