実践販促

入店率を上げる看板作り

集客大将塾の布施裕之です。

昨日は知り合いのお店で、予約から注文まで
全てLINEだけで行っているシステムを見に
行ってきました。

全てがお客さんのスマホとお店のタブレット
でやり取りをするので、紙が全く必要ない
です。

メニューもスマホで全て見れるので、
メニューブックもありません。

さらにお会計は現金ナシでカードや
paypayなどの電子マネーのみです。

こうしたお店はこれから増えていくと
思います。

ただどうしてもスマホの小さい画面だと
視認性が弱いかな?と感じます。

なので、やはり紙ベースのメニューブック
やPOPはあった方がいいですね。

その上でお客さんが注文したいものを
スマホで見つけて注文してもらう感じが
ベストですね。

世の中どれだけ便利になっても変わらない
物もあります。

そこを見極めて、ハイブリッドな戦略を
立てていきましょうね!

(本文後半はこちらです↓)

—————————————-
↓ヴァーチャルレストランって何?と思ったら↓
—————————————-
カンブリア宮殿でも紹介された次世代の
売上アップ法!

アルバイトでも出来る簡単調理で売上
アップをしていきたい方はこちら↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/vr-b
A店(奈良)⇒月商98万円アップ
B店(沖縄)⇒月商78万円アップ
C店(東京)⇒月商47万円アップ
など参加店舗が本業の店舗とは別に売上を
伸ばしています!

来週の月曜に大阪にて新オープンします!
今から楽しみです♪
【↓後半の本文はここからです!↓】

さて昨日はお店の場所を伝えるための
「気付きの看板」のポイントは
「違和感」だという話しをしました。

まずは看板に気付いて、足を止めて
もらうことが重要ですからね。

次に足を止めてじっくりと看板を見た人が
「入店」をしてくれないと、その看板の
意味はないです。

あくまで商売は来店してくれてこそ売上
になるわけですからね。

では入店した貰える看板のポイントは
なんでしょうか?

そのキーワードは「ご利益」です。

言ってしまえば飲食店って全てが他の店
と違うことなんてありえません。

大体の仕組みや価格設定も似通っています。

その中でなぜこの店に入るべきなのか?
ポイントを伝えることです。

普通の内装で、普通の料理で、普通の接客
をしているお店では選ばれないわけです。

例えば先日札幌に出張した際に、ホテルまで
街中を歩いていたら、大きくこんなことが
掛かれた看板がありました。

「1人飲み専門店」
とデカデカと書かれていたんですよね。

で、そのお店は1人用の個室席が
沢山あるお店みたいでした。

今このコロナ禍で「お1人様」にスポット
が当たっていますよね。

一人焼肉専門店なども流行っています。

こうして、他店との差別化ポイントを
看板で教えてあげればいいわけです。

それが多くのお店では
~~~~~~~~~~~~~~~~
・生ビール 500円
・枝豆 300円
・刺し身盛り合わせ 1000円~
・焼き鳥 1本150円~
~~~~~~~~~~~~~~~~~
みたいな感じでしか書かれてないです。

これでは他のお店と何が違うのか、全く
伝わらないですよね。

なので、ポイントを書くなら
あなたのお店で、
・どんな体験が出来るのか?
・どんな人に向いているのか?
⇒(それはなぜなのか?)
・どんな名物料理があるのか?
・どんなお得ポイントがあるのか?

などを伝えてあげて下さい。

ただ単にメニューブックの延長になった
看板ではご利益は伝わりません。

あなたのお店ならではのポイントが
ちゃんと伝わる看板を作りましょうね!

今日のあなたも絶好調!!
最後までお読みいただき有難う御座います!

—————————————–
料理の写真が上手く撮れない・・・。
でもプロに頼むのはお金が掛かる・・・。
そんな悩みを解決する撮影テクニック
が学べる集客大将塾への参加はこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/vr-b
今なら初月ワンコインで参加出来ます!
—————————————–

「集客大将塾」 布施裕之