再来店対策

命の次に大事なもの

こんにちは!
集客大将塾の布施裕之です。

昨日は札幌でヴァーチャルレストランの
オープンのサポートに行ってきました。

初日ということで、調理工程の確認や
タブレットの設定、使い方などを教えて
実際にオープンさせて注文が入るまで
手伝います。

昨日も大口の注文が入り、注文が重なった
時の対処法なども伝えられたので、いい感じ
でサポートも終えられたかな?と思います。

もちろんこれから売上を安定させていく
事が大事ですが、今後その辺りも確りと
サポートしていきます!

(本文後半はこちらです↓)

—————————————-
↓ヴァーチャルレストランって何?と思ったら↓
—————————————-
カンブリア宮殿でも紹介された次世代の
売上アップ法!

アルバイトでも出来る簡単調理で売上
アップをしていきたい方はこちら↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/vr-b
A店(奈良)⇒月商98万円アップ
B店(沖縄)⇒月商78万円アップ
C店(東京)⇒月商47万円アップ
など参加店舗が本業の店舗とは別に売上を
伸ばしています!

昨日札幌で新店舗がオープンしました!
来週の月曜に大阪でもオープンします!

【↓後半の本文はここからです!↓】

さてよくスーパーなどに行くと、応募ハガキ
を入れるだけで抽選でプレゼントがもらえる
ところがありますよね?

スーパーに限らず、ただ単に応募するだけ
でプレゼントが抽選でもらえる話しはよく
あると思います。

また「やずや」や「ドモホルンリンクル」
などは初回だけは90%ぐらいの値引きで
送料込みでタダみたいな値段で売って
ますよね?

一見するとこれらをやってる店は赤字に
しかならないんじゃないか?と思うかも
しれませんが、目先の利益だけのために
やっているわけではないです。

一番の目的は
「顧客リスト」
を取ることです。

この顧客リストがある企業とない企業では
売上に天地ほどの差がつくからです。

それは江戸時代から変わりません。

江戸時代は木造家屋のため、火事が非常
に多かったし、一度火がつくと大変な
ことになります。

そんな多発する火事の中、鰻屋さんが
タレを持って逃げると言いますが、
宿屋の店主は「宿帳」を持って逃げる
そうです。

どちらも命の次に大事だということです。

宿帳はそれまでに泊まってくれた人の
「顧客リスト」なわけです。

それがあれば、次に宿が復活した時に
商売が成り立つわけですよね。

昔から今に至るまでに顧客リストは
商売に欠かせないわけです。

先日も過去最高月商を売ったクライアント
さんも、顧客リストを使ってハガキDMを
出しています。

そしてハガキDMだけでも100万円以上の
売上が伸びています。

他にも京都のクライアントさんも年末に
LINEを使って「おせち」やオードブル
を売って100万以上は売上を伸ばしてます。

こうして売上を伸ばすために欠かせない
「顧客リスト」だからこそ、初回はタダ
みたいな価格で売ってでも顧客リストを
集めるわけです。

あなたのお店では顧客リストをどうやって
集めていますか?

先を見据えた戦略を立てたいのであれば、
実はそこを中心に考えるのが、安定した
売上に繋がっていきますよ。

今日のあなたも絶好調!!
最後までお読みいただき有難う御座います!

—————————————–
料理の写真が上手く撮れない・・・。
でもプロに頼むのはお金が掛かる・・・。
そんな悩みを解決する撮影テクニック
が学べる集客大将塾への参加はこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/vr-b
今なら初月ワンコインで参加出来ます!
—————————————–

「集客大将塾」 布施裕之