なぜ儲からないか?

嫌々仕事をしていませんか?

集客大将塾の布施裕之です。

昨日は集客大将塾のセミナー開催日でした。

セミナー内容は「写真の撮り方」について
学んでもらいました。

料理はどれだけ言葉で伝えたとしても
美味しそうな写真が一つあるだけで
伝わり方が大きく変わります。

ただその「美味しそう!」を伝えるのが
非常に難しいんですよね・・・。

しかし、今は昔と違ってスマホで撮っても
十分に美味しそうな写真を撮ることは
出来ます。

私はiPhoneを使ってますが、どんどん
カメラのレベルが上がってきていて
驚くばかりです!

もしなんかイマイチな写真しか撮れない
と感じていたら、簡単で綺麗にとれる方法
が1つあります。

それは
「外で撮る」
これだけです。

細かく話すと光源の位置とか色々ある
のですが、とりあえず部屋で撮るより
外で撮った方が綺麗にとれます。

その時直射日光だけはダメですけどね。

本当に簡単な方法なので、お試しください!

それでは絶好調に後半に続きます!
(本文は後半です↓)

—————————————-
↓ヴァーチャルレストランって何?と思ったら↓
—————————————-
12月からの参加者が軒のみ月に50~70万
の売上をアップに成功しています!
アルバイトでも出来る簡単調理で売上
アップをしていきたい方はこちら↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/tgal
3月スタート募集開始しています!

【↓後半の本文はここからです!↓】

さて昨日のセミナーの休憩中にある相談を
受けました。

その内容は
「体験することをお店に取り入れたいの
ですが、店主がそういうこと苦手な場合は
どうしたらいいのか?」
という物でした。

そこは店主が寡黙な感じの方なので、
体験を取り入れるのに、
「ゲーム性のある物」
とかは出来そうにない。

ということなんですよね。

私のお店もゲーム性のあることを色々
とやってきました。

ドリンクが注文されたら黒ひげをやらせて
飛んだらそれが無料になる。
とか

帰り掛けにクジを引いてもらって、それ
自体が次回のクーポン券になってたり。
とか

子供連れが来たらスーパーボールくじを
引かせたり
ろか

様々なことをしてきました。

ただこれを、嫌々やらせれてる感満載で
お店側がやっていたら、お客さん側も
楽しい感じは伝わらないですよね。

ニコリもしないで
「どうぞ引いて下さい・・・」
とボソボソと言われたらどうですか?

それ自体が罰ゲームみたいになっちゃって
ますよね!笑笑

なので、やるならスタッフも楽しんで
やらなきゃ意味がないです。

ということは、苦手な人は無理にやる
必要がないということなんですよね。

むしろ逆効果になります。

じゃあどうしたらいいのか?

そういう人は得意分野を伸ばして
行けばいいです。

人は短所もあれば長所もあります。

ただ長所って見つけにくいだけなんです。

その得意な分野があれば、そこを
伸ばして自分なりの「体験」を
作ればいいです。

何も体験って何かしらのゲーム性がある
ことではないですよね?

・料理の見た目
・作る工程
・仕上げの演出
・変ったお皿で出す
などなど

他のお店と違うことをしてくれること
自体が「体験」なのです。

他の店がやってて成功してる事例でも
出来ないのであれば、無理はしない方が
いいということです。

是非自分なりの成功事例を作り上げて
いきましょうね!

今日のあなたも絶好調!!
最後までお読みいただき有難う御座います!

料理の写真が上手く撮れない・・・。
でもプロに頼むのはお金が掛かる・・・。
そんな悩みを解決する撮影テクニック
が学べる集客大将塾への参加はこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/taishoujuku
今なら初月ワンコインで参加出来ます!

「集客大将塾」 布施裕之