コンセプト設計

「見てない・聞いてない」前提で考えよう!

集客大将塾の布施裕之です。

先日私のお店のラーメン屋さんに
ユーチューバーの方が来てくれました。

フォロワーも9万人ぐらいいる人で、
なかなかのインフルエンサーだと
思われます。

その方が動画をアップしてくれたところ
食べログの1日の閲覧数が4~5倍になり
影響力を感じます。

その少し前にケーブルテレビも放送された
のですが、その時にはあまり閲覧数には
影響はなかったです・・・。

と考えても、YouTubeって結構な人が
見ているんだな~と改めて感じます。

今は特にステイホームで家にいる時間が
長く、暇を持て余しているのもあるで
しょうね。

そんな暇な人達が反応するものは何か?
と考えると、また新しい販促方法も
見つかりそうです。

(後半に続きます!)

—————————————-
↓ヴァーチャルレストランって何?と思ったら↓
—————————————-
12月からの参加者が軒のみ月に50~70万
の売上をアップに成功しています!
アルバイトでも出来る簡単調理で売上
アップをしていきたい方はこちら↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/tgal
3月スタート募集開始しています!

新しく始まった「つけ麺」で、奈良の方が
絶好調に売り上げを伸ばしています!

【↓後半の本文はここからです!↓】

さて新しいメニューや企画をした時に
思ったほど反応がなかった・・・。
なんてことないですか?

その時に思うのが
「あ~、あんまり興味がなかったん
だろうな~」
と考えてしまいがちです。

つまりその商品自体や企画自体がダメ
だったと考えてしまうわけです。

確かにそういう時もあると思います。

お客さんの興味が沸かないような
内容だと、もちろん反応は薄いです。

ただそれ以上に反応がない原因として
考えられることが1つあります。

それはお客さんが
【気付いてない】
ということです。

お店側の人はどうしても新メニューや
企画を立てることに全力を注ぎます。

なので、それが形になった時点で
達成感を感じてしまっているんですよね。

そうすると肝心の「売る」ということ
に対して力を注がなくなっていきます。

つまり新商品を作ったけど
「POPを貼った」だけで終わり。

みたいな感じになります。

もちろん、それだけでも売れる時には
売れるでしょう。

しかし常連さんになればなるほど、
基本的にメニューなどはあまり見なく
なり、POPが変わっていることに
気付かない人も多いです。

それをお店側からすると、
「POPを貼ったんだから、みんな新しい
メニューには気付いているだろう!」
と思い込んでしまうわけです。

お客さんはお店の変化なんて知らないし
そもそもあまり興味はないです。

なのでPOPなんてちゃんと見てないし、
接客のトークも基本的に聞いてないです。
と考えたほうがいいです。

「見てない・聞いてない」
じゃあどうすればいいのか?

答えは簡単で
「気付くまで訴えかける」
ことです。

チラシでお知らせをする。
LINEでお知らせをする。
POPでお知らせをする。
メニューブックでお知らせをする。
接客トークでお知らせをする。
などなど・・・、
これを同じ内容で「お知らせ」を
するわけです。

1つのことで気付かないのであれば、
同じ内容でも何回も気づかせる努力を
していくわけです。

こうすることでPOPでは気付かなくても
接客時に気付いたりするし、

また来店時に気付かなくてもLINEの
メッセージで気付く場合もあります。

つまり基本的にお客さんはお店に対して
興味関心は薄いし、あまりちゃんと見たり
聞いたりしていない。

と思っているのがベストです。

なので私のメルマガも同じような内容を
お届けすることが多々あります。

それは読み始めたばかりの人もいれば
毎日読んでない人もいると思うからです。

だからこそ同じような内容でも、その時
始めて何か気付きになる人がいるからです。

是非しつこいと思われるぐらい、何度も
気付かれるまでお知らせを繰り返しま
しょうね。

あなたなら必ず頑張れます!
今日も絶好調で1日を過ごしましょう!

Uber Eatsを始めたけど思ったほどの
売上が伸びない・・・。
今月の集客大将塾ではUber集客の
イロハが学べます!
集客大将塾への参加はこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/taishoujuku
今なら初月ワンコインで参加出来ます!

「集客大将塾」 布施裕之