コンセプト設計

コンサルタントを始めてみませんか?

集客大将塾の布施裕之です。

昨日緊急事態宣言の延長がほぼ確定と
いうニュースが流れていました。

それに伴い飲食店の時短営業も延長です。

ただ国民の不満は徐々に飲食店に対する
補助金に目を向けられています。

こうなってくると、前にも話したように
時短は要請するけど、補助金は出ません。

実際に旅行業界とかは移動は自粛して
くださいと言われながらも、補助金は
出てないですよね。

そのためホテルなんかは売却がかなり
多いそうです。

なので補助金の打ち切り!
なんてことも十分にあり得るわけです。

最近私の住んでいる街を見ても、夜だけ
の店は閉めている所が結構あります。

ただ今は補助金が出ているからいいけど、
出なくなってから慌てても遅いです。

対策を早く取っている店程、アドバンテージ
は絶対にあります。

どうしたらいいのか分からないけど、
お金が出てるからいいか~
なんて経営者が考えることを放棄したら
おしまいです。

今こそ経営力の底上げをするいい機会なので
考えることを放棄しないで、常に前向きに
進んでいきましょうね!
(後半に続きます!)
—————————————-
↓ヴァーチャルレストランって何?と思ったら↓
—————————————-
12月からの参加者が軒のみ月に50~70万
の売上をアップしています!
アルバイトでも出来る簡単調理で売上
アップをしていきたい方はこちら↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/tgal
3月スタート募集開始しています!
今月もすでに3社のスタートが決定しています。

さて昨日はお店の弱点を探すのに、自分で
自店を見て行こう!って話しをしました。

「俯瞰的」に見る力を養うためです。

ただ1人でやっているお店もあるし、
料理を作れる人が他にいない・・・、
なんてお店もありますよね。

そこでもう1つの俯瞰的に見る力を養う
ために出来ることがあります。

それが「コンサルタント目線」で他店に
行ってみることです。

外食をした時に
「あ~美味しかった~」
で終わらせては経営者としては勿体ない
話しなのです。

せっかく外食に行ったなら俯瞰的に
見れるいい機会です。

どうしても自分のお店は「主観的」に
なっていしまいます。

ただ他人のお店なら「客観的」に見れる
わけですよね。

それを昨日話した7つのポイントで分けて
客観的に見る癖を付けて下さい。

もう一度7つのポイントをおさらいすると
1、商品のクオリティー
2、接客力
3、清潔感
4、雰囲気
5、新規集客対策
6、再来店対策
7、客単価対策
この7つです。

そうすると、
「このお店は接客はいいのに、料理が
イマイチだな・・・」
とか
「メニューブックをこうしたほうが
もっと料理が頼みやすいのにな」
などなど沢山出て来ると思います。

また
「このお店のPOPは凄く見やすい!」
など、参考になる点もあります。

こうしていくうちに、あなたはもう
立派なコンサルタントになってしまう
わけです!

それを今度は自分のお店に落とし込んで
いけばいいわけです。

「あ~俺のお店はお客さんからすると
何屋か分かりにくいな~」
とか
「何がオススメなのか今のままだと
聞かないと分からないな~」
と思ったら、名物料理を作ったり
していく方向性が見えてきます。

こうやって他人の店をコンサルをする
ことで、自分のお店の役にも立ちます。

他人の店への意見は心の中にとどめて
おいて下さいね!

それを言ってしまうと、ただの酔っ払い
だと思われますから笑笑

あくまで自分のお店のためにコンサル力
をアップさせて、売上アップにつなげて
いきましょうね。

あなたなら必ず頑張れます!
私も応援しています!

Uber Eatsを始めたけど思ったほどの
売上が伸びない・・・。
今月の集客大将塾ではUber集客の
イロハが学べます!
集客大将塾への参加はこちらから↓
http://migiudehanjoyu.com/progress/taishoujuku
今なら初月ワンコインで参加出来ます!

「集客大将塾」 布施裕之